ビール雑記

白ビールの種類とその違いをまとめてみました【ヴァイツェン/ベルジャンホワイト】

更新日:



このブログではビールについての記事を書いていますが、先日、黒ビールの違いとそれぞれの特徴についての記事を書きました。

黒ときたら次は白についてもまとめてみたくなったので、今回は、「白ビール」と呼ばれるビールについて書いてみたいと思います。

「白ビール」の種類

そもそも白ビールとは、小麦を使ったビールのことを指します。

主にドイツのヴァイツェンベルギーのベルジャンホワイトが挙げられます。

ウィキペディアの「白ビール」のページに詳しい説明が書いています。

外部サイト:
白ビール - Wikipedia

しかし、「ドイツのヴァイスビア」として紹介されている画像をよく見て見ると、「ヴァイツェン、全然白くないやん!」と突っ込みたくなります


ドイツのヴァイスビア
著作権者:Trexer、ライセンス:CC 表示-継承 3.0、https://ja.wikipedia.org/wiki/白ビール

こちらは以前飲んだパウラーナーの「ヴァイツェン」ですが、明らかに濃色で、どちらかというとピルスナーの方が白いんじゃないかと思うくらいです。濃白色とでも表現すべきでしょうか。

もちろん、ものによっては鮮やかな白色をしたヴァイツェンもあり、一概には言えませんが、本場ドイツのヴァイツェンが割と濃色であるのに白ビールと呼ぶのが不思議ではあります。

なぜ「白ビール」と呼ばれるのか?

ではなぜ白ビールと呼ぶのでしょうか?

村上満さんの「ビール世界史紀行」にとても興味深い一説がありましたので、引用させていただきます。

小麦ビールの一般名称はヴァイスビールです、ヴァイス(weiss)とはドイツ語で「白い」の意でありますがら、ヴァイスビールは「白いビール」ということになるのです。ところがバイエルンのヴァイスビールは黄金色で決して白くありません。
小麦ビールをなぜ「白いビール」というのでしょうか。十九世紀末までミュンヘン・ビールは実は濃色のダーク・ラガーでありました。
本家のダーク・ビールを標準として、ヴァイスビールを「色の濃いビール」あるいは「淡色ビール」であるとし、「白い」と表現したのです。英国でも、ダーク・ビールが伝統的ビールでした。その典型がスタウトです。この黒あるいは黒褐色のビールを標準として、バートン・エールを「ペール(淡色)」と呼んだのです。

つまり、「白い」の基準がミュンヘンの伝統的なスタイルのダーク・ラガーにあったため、白ビールと呼んだのですね。

これはペール(淡色)エールも同じく、ポーターやスタウトなどの黒ビールを基準としているため、褐色ではありますが「ペール」なのです。

あまり知られていないと思いますが、大変興味深い話です。

ドイツとベルギーの白ビールの違い

ドイツの白ビール「ヴァイツェン」とベルギーの白ビール「ベルジャンホワイト」は共通して小麦を使っています。

ではこれら2つのスタイルの違いは何でしょうか。

詳しい内容はウィキペディアを参照してもらえればわかりますが、ここではこれまでブログで紹介してきた内容をもとに、飲んだ時に感じた味の違いについてまとめたいと思います

ヴァイツェン

このヴァイツェンは、鮮やかな白色をしています。大分空港で飲んだ、Beeroh!の超生ヴァイツェンです。

ヴァイツェンの特徴としては、何と言ってもバナナやクローブ、シナモンを思わせるエステル香です。

苦味がなく穏やかな酸味を感じるのも特徴です。

飲んだ「ヴァイツェン」の一覧はこちら:「ヴァイツェン」の一覧

ベルジャンホワイト

こちらはベルジャンホワイトの代表的な銘柄、ヒューガルデンホワイトです。もはやベルギーを代表する銘柄として日本でも有名です。

ハーブやコリアンダーといった副原料を使用していることが多く、副原料由来のスパイシーな風味が特徴です。

また、ヴァイツェンよりもふわっとしたクリーミーさ・まろやかさがある気がします。

飲んだ「ベルジャンホワイト」の一覧はこちら:「ベルジャンホワイト」の一覧

まとめ

今回は、「白ビール」について書きました。

白ビールとは、ヴァイツェンやベルジャンホワイトなど、小麦を使ったビールの呼び名です。

小麦を使っているため、ほのかな酸味が出て爽やかな味わいになり、口当たりはまろやかになります。

ピルスナーに慣れ親しんでいる身としては(日本人は皆そうだと思いますが)、褐色の白く濁ったビールを見ると、普段からはあまり飲まないビールのせいか、とても美味しそうに見えます

やっぱりビールはいろんなスタイルがあってとても楽しい飲み物です。

ビールを楽しむ際の少しでも参考になれば幸いです。

「黒ビール」についてもまとめているので、こちらもぜひお読みください。

今回は以上です。



-ビール雑記
-, ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.