飲んだビール

【他のどのホワイトビールも凌駕する】セント・ベルナルデュス・ホワイト(St.Bernardus White)/セント・ベルナルデュス醸造所(ベルギー)

更新日:



こんにちは。今回はベルギー「セント・ベルナルデュス醸造所」の「セント・ベルナルデュス・ホワイト(St.Bernardus White)」を紹介します。

REO BREWING & CO.(リオ・ブルーイング・コー)東京醸造所 で飲んだ樽生ベルギービールです。

他のどのホワイトビールも凌駕する「セント・ベルナルデュス・ホワイト」

これがリオ・ブルーイング・コー東京醸造所で飲んだ最後のビールになります。

セント・ベルナルデュス・ホワイトです。

このビールのメニューの紹介がとても印象的でした。

スパイシーでボディーのある味わいは、他のどのホワイトビールも凌駕する程の素晴らしさ。セント・ベルナルデュス醸造所の酵母を使用しているからこそ。

他のどのホワイトビールも凌駕する程の素晴らしさ」とは一体どんなビールなのでしょうか。

これは気になります。

しかしながら、ベルギーのホワイトビールといえば、ヒューガルデンホワイトが有名です。

それさえも凌駕するビールだというのでしょうか。それは一体何故か、とても気になったので調べてみました。

すると、その謎はすぐに解けました。

デリリウムカフェのホームページにその答えがありました。セント・ベルナルデュス醸造所についての説明ページを引用させていただきます。

近年さらにこの醸造所には世界に誇るビールが加わる事となった。ヒューガルデンの生みの親ピエール・セリス氏によってさらに新しい命が込められた。そのビールの名はセント・ベルナルデュス・ホワイト。彼がヒューガルデン、そしてセリス・ホワイトに続いて醸造した最後のホワイトビールである。
引用:http://www.deliriumcafe.jp/reserve/import_sintbernardus

このセント・ベルナルデュス・ホワイトは、ヒューガルデンホワイトを復活させた伝説の醸造家、ピエール・セリスによってつくられたビールのようです

ピエール・セリス×セント・ベルナルデュス醸造所の酵母でつくるホワイトビール というわけで、どのホワイトビールも凌駕するビールとなるようです。

飲んでみた感想

見た目は他のベルギーのホワイトビールと同じように、白く濁っています

グラスに顔を近づけると、小麦を感じさせる爽やかな香りがします。

飲んでみると、穏やかな小麦の酸味がとても心地よく感じられます

穏やかでとても上品な味わいです。

それほど主張することもなく、やんわりとした、ふくよかな上品さがありました

他のどのホワイトビールも凌駕するかと言われると、そこまでの経験がないので僕の口からはなんとも言い難いですが、美味しいのは事実です。

ピエール・セリスの作品に出会えるとは思ってもいなかったので、とてもよかったです。

みなさんもぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

飲んだベルギーのビールの一覧はこちら:「ベルギーのビール」一覧

REO BREWING & CO.(リオ・ブルーイング・コー) 東京醸造所

最後に、セント・ベルナルデュス・ホワイトを飲んだ「REO BREWING & CO.(リオ・ブルーイング・コー) 東京醸造所」について簡単に説明します。

「REO BREWING & CO.(リオ・ブルーイング・コー)」は、ベルギーでファントムブルワリーとしてビールを醸造しているブルワリーで、2018年3月13日(火)に醸造設備を併設した「東京醸造所」を五反田にオープンしました。

自家醸造のビールのほか、今回紹介したようなベルギーから輸入してきた樽生ビールを飲むことができます。

他のビールも紹介しているので、よろしければ以下の記事もご覧ください。

店舗情報

営業時間:
月・火15:00~23:00
水~土15:00~24:00
日・祝15:00~23:00

アクセス:

ホームページ:
五反田のクラフトビールが飲めるビストロ・カフェ Rio Brewing & Co. 東京醸造所

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.