飲んだビール

【限定醸造】サッポロ・冬物語|濃厚でクリーミーな甘味。冬の食事にぴったりな冬の定番ビール

更新日:



こんにちは。今回は、サッポロから発売されている、季節限定のビール「冬物語」を紹介します。

今年で30周年を迎える季節限定ビール

冬物語は1988年にリリースされ、毎年冬が迫ったこの時期に発売されているビールです。

2018年は、10月30日より発売開始されています。

今でこそ、秋限定ビールを始め、大手ビール各社が様々な季節限定ビールを発売していますが、このビールは日本初の季節限定ビールだそうです。

冬の定番ビールとして、毎年発売されています。

ところで、サッポロは限定醸造ビールがとても多い印象です。

このブログでは、新しいビールを見つけたら基本的に飲んで紹介していますが、サッポロのビールを紹介する機会がとても多い気がします。

飲んだ「サッポロビール」の一覧:
https://pivoblog.com/tag/sapporo

このブログは今年の5月に開設しましたが、それ以降で飲んだサッポロの限定醸造ビールは、琥珀エビス、焙煎生ビール、和の芳醇、赤星、ファイブスター、と、結構な数です。

サッポロ・冬物語

さてここからは、冬物語を飲んだ感想を書いていきます。

パッケージはこんな感じ。もう冬ですね。。一年が経つのは本当に早いです。

色合いは淡色です。ピルスナーのような、鮮やかな黄金色です。

香りは、モルトの甘味をストレートに感じられる香りです。

飲んでみた印象ですが、フルボディと言っていいくらいの麦芽の甘味を感じます。

ものすごく甘味を感じます。しかも、すごく濃厚で、クリーミーな甘味です。

「贅沢でまろやかなコク」というキャッチフレーズがありますが、言い換えるとそんな感じです。

口に含んだ時に甘味を感じますが、後味にも、鼻から抜けてくる第二波の甘いモルトフレーバーが攻めてきます

苦味はほとんどなく、飲みやすいと感じます。

注いでいる様子を撮りました。泡が純白でもこもこです。この白い泡を見ているだけでも、いかにも冬って感じがしてきます。

濃厚でまろやかな甘味の正体が気になったので、調べてみたところ、「ウィーンモルト」を使用しているとのことです。

ちなみにウィーンモルトとは、オーストリア・ウィーン発祥の、ウィンナーラガー(ヴィエナ)で使用される、褐色の麦芽です。

ウィンナーラガーは、トーストのような香ばしい甘みが特徴のビールです。

僕がこのブログでしつこいくらいに紹介している、「メルツェン」は、ウィンナーラガーがベースになっています。

冬物語に感じた濃厚な甘みは、このウィーンモルト由来の甘みということがわかりました。

冬に飲むビールとしては、とても濃厚で美味しく飲めると思います。

シチューなどクリーミーな冬の食事に合うのではないでしょうか。

とても美味しかったです。

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.