飲んだビール

【ホフブロイ】シュバルツヴァイスビア|キャラメルのような口当たり。バナナ香とそれを包み込む黒ビールの香ばしい甘みが特徴のビール

投稿日:



こんにちは。今回は、ホフブロイのシュバルツヴァイスビアを紹介したいと思います。

ホフブロイ

ホフブロイは、ドイツにある醸造所です。

1589年に、バイエルン国王のためのビール醸造する醸造所として設立されました。

僕も以前ドイツに行った時にはホフブロイハウスに行きました。南ドイツ(ミュンヘン)の地球の歩き方の中でビアレストランの紹介ページがありますが、一番最初にこのホフブロイハウスの紹介が出てきます。日本人にもとても人気の醸造所だそうです。

オクトーバーフェストでもおなじみ

このHBのロゴは見覚えのある方もいるのではないかと思います。日本全国で行われている「オクトーバーフェスト」では、ホフブロイハウスは大抵登場します。ホフブロイハウスは、ミュンヘン6大醸造所の一つで、政府から正式にオクトーバーフェストビール「メルツェン」の醸造を許可されている醸造所です。

ツムビアホフ新宿

さて今回ホフブロイを飲んだのは、こちらのお店です。

新宿の東口、まさに新宿のど真ん中にあるお店ですが、店内はまるでオクトーバーフェストのようです。

ここではホフブロイハウスのビールを飲むことができます。今回は、このお店で飲んだ「シュバルツヴァイスビア」を紹介したいと思います。

ホフブロイ「シュバルツヴァイスビア」

それではシュバルツヴァイスビアを紹介したいと思います。シュバルツとはドイツ発祥の黒ビールです。ヴァイツェンもドイツ発祥のビールですが、小麦を使ったビールで、白ビールとも言われています。シュバルツヴァイスは今回初めて飲みます。

ご覧の通り、黒く濁った色をしています。通常のヴァイツェンと比べると、よくわかります。

さてシュバルツヴァイスについて、公式ホームページの説明を引用します。

口当たりは爽やかでフルーティー感がありつつも苦みが利いたテイスト。ローストモルトのアロマとフレーバーがコーヒーやビターチョコレートを感じさせます。
引用:http://www.eyema-ent.co.jp/menu/index.html

黒ビールは物にもよりますがコーヒーのような香ばしい苦味が特徴的だったりします。これにヴァイツェンの特徴が加わることで、ビターチョコレートを感じさせるビールになるとのこと。

ちなみに「ヴァイツェン」を飲んだ感想はこちらの記事で紹介しています。

飲んだ感想

上の説明ではビターチョコレートとありますが、僕としては「キャラメル」のような味わいに感じました。

ヴァイツェン特有のバナナのような香味も感じられますが、シュバルツヴァイツェンになるとそれを包み込む芳醇さがあります。チョコバナナまではいかずとも、やはりキャラメルのような香味です。

これは普段ビールが苦手で飲まない人でも、明らかに飲みやすいと思います。苦味が少なくて飲みやすいです。麦由来の甘味が存分に楽しめます。シュバルツというだけあって、黒ビールの香ばしい麦由来の甘味をはらんだバナナ香です。ヴァイツェンに一癖加えた味わいで、とても美味しいと思いました。

今回は以上です。

店舗情報

営業時間:
月~金 17:00~29:00
土   15:00~29:00
日・祝 15:00~23:30

アクセス:
新宿駅東口から徒歩4分

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.