ビール雑記

黒ビールの種類とその違いをまとめてみました【シュバルツ/デュンケル/ポーター/スタウト/ミュンヒナー】

更新日:



こんにちは。このブログでは、飲んだビールの紹介記事を中心に投稿していますが、だんだんと記事数も増えてきました。

飲んだビール」というカテゴリがありますが、似たスタイルのビールを紹介する機会も増えてきましたので、スタイルの違いについて整理した記事をこれから少しずつ書いていきたいと思います。

今回は、「黒ビール」のスタイルの違いについて書いていきたいと思います。

黒ビールとして知られている代表的なスタイルは、「シュバルツ」、「ポーター」、「スタウト」、「デュンケル」などがありますが、それぞれの違いについて、飲んだビールの例も出しつつまとめていきたいと思います。

「黒ビール」はなぜ黒いのか?

次の章で黒ビールの種類について書きますが、まずそもそも黒ビールとはどんなビールなのかについて書いていきます。

まず、「黒」ビールというだけあって、色が黒いのが特徴です。

なぜ黒くなるのかというと、主に使用する水や麦芽など、のビールの原料が影響しています。

色合いに影響する原材料①「水」

まず水についてですが、一般的に、濃色ビールには硬水、淡色ビールには軟水が向いていると言われています。

日本ビール検定の公式テキストにて、「硬水の特徴」が専門的に語られています。

麦汁の煮沸工程においても、アミノ酸と糖とのメイラード反応を促進し麦汁の色を濃くするのです。

つまり硬水はメイラード反応が促進され、濃色ビールになりやすいようです。ビール造りは化学ですね。。

色合いに影響する原材料②「麦芽」

次に麦芽についてですが、ビールの色は使用する麦芽に特に大きく影響されます

麦芽はローストされることにより、濃色麦芽となり、これらの割合によって、ビールの色合いが決まってきます。

濃色の麦芽には、カラメル麦芽、チョコレート麦芽、などなどがあります。

黒ビールに共通しているほろ苦さや甘み、香ばしさといった味わいは、これらのローストされた濃色麦芽から来ています。

「黒ビール」の種類

黒ビールは、このブログでも何度も紹介しています。

これまでに飲んだ「黒ビール」の一覧はこちら:
「黒ビール」の一覧

上にも書いた通り、黒ビールとして知られている代表的なスタイルは、「シュバルツ」、「デュンケル」、「ポーター」、「スタウト」などがあります。

それぞれ発祥の地も異なっており、

  • シュバルツは「ドイツ・バイエルン地方」発祥のスタイル
  • デュンケルは「ドイツ・バイエルン地方」発祥のスタイル
  • ポーターは「イギリス・ロンドン」発祥のスタイル
  • スタウトは「アイルランド」発祥のスタイル

です。

そして、これら3つのスタイルは発酵方法で分類できます。

-ビール雑記
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.