ビール雑記

【ふるさと納税】「鳴子の風」の爽やかで美味しい"地発泡酒"が楽しめる3本セット(ふるさと納税#3)

更新日:



こんにちは。今回は、宮城県大崎市のふるさと納税の返礼品でもらった「鳴子温泉ブルワリー」の「鳴子の風」ビールのセットについて紹介したいと思います。

ふるさと納税×クラフトビールまとめ:

鳴子温泉ブルワリーを選んだ理由

鳴子温泉ブルワリーは、宮城県大崎市の鳴子温泉にあるブルワリーです。

ふるさと納税の返礼品としては、3つのバリエーションが用意されていました。

・鳴子の風 8本セット 15,000円
・鳴子の風 6本セット 10,000円
・鳴子の風 3本セット 5,000円

3本セットは、「高原ラガー」、「ゆきむすび」、「山ぶどう」が1本ずつのセットです。6本セットだと2本ずつ。8本セットでは、「あ・ら・伊達な関係」というフルーツビールが2本追加されます。

今回は、3本セットの5,000円セットにしました。

理由は、5、000円の返礼品を探していたからです。ふるさと納税には、確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」というものがありますが、これを使うには合計5自治体までという条件があります。(詳しくはふるさとチョイスなどのページをご覧ください)

今年は、ビールを中心にふるさと納税をやってきましたが、ビール以外では宮城県大崎市に牛タンを申し込みました。

10,000円で700グラムという内容です。とても美味しくて2つも注文してしまいましたが、これについてもまた紹介したいと思いますが、上限5自治体という制約の中で、寄附控除の可能な額を使い切るには、同じ自治体に複数の寄付をする必要が出てきます。

また、上限をちょうど使い切るのが効率的ですので、寄付額を計算すると、同じ自治体内で5000円の寄付ができる返礼品を探していました。そこにちょうど当てはまったのが、この鳴子の風だったというわけです。

返礼品セット内容

条件に当てはまっただけでなく、セット内容も決め手の一つです。高原ラガーはピルスナータイプの定番ビール。ゆきむすびはお米を使ったビール、そして山ぶどうというセットです。

通常、ふるさと納税で3本のセットといえば大体、ピルスナー、ヴァイツェン、もう一種という組み合わせが定番ですが、鳴子の風は、ピルスナー、「変り種」、「変り種」というセットだったので、どんな味がするのかと惹かれました。

鳴子の風は、注文してから即届きました。本当に、2、3日だったと思います。

パッケージのデザインもしっかりとしていました。力を入れています。

あくまで鳴子の風は、"地発泡酒"と名乗っています。そこは地ビールでもいいのになあと思いますが、何か決まりごとがあるのでしょうか。温泉にあるブルワリーは、「クラフトビール」と呼ぶよりは「地ビール」と呼びたくなりますね。

これがセット内容です。鳴子温泉の名産品、こけしのシールが貼られています。独特なパッケージですね。風情があります。まさしく"地ビール"、いや、"地発泡酒"という印象です。

まずは1杯飲んでみます。高原ラガーからいただきました。

穀物感がとても強く、爽やかな苦味が颯爽と駆け抜けていくような、まさしく高原ラガー、鳴子の風を感じました。

飲んだ感想

飲んでみた感想を順次書いていこうと思います。

また、他のふるさと納税のビールについても紹介しているので、よろしければご覧ください。

・高原ラガー

・ゆきむすび

・山ぶどう

ふるさと納税の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/hurusatonozei

-ビール雑記
-,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.