ベトナム旅行記

ベトナム観光 4泊5日|「ハノイ」を起点に「ホイアン」,「ダナン」を回るオススメ観光モデルコース

更新日:



こんにちは。以前、ベトナムを4泊5日で旅行しました。

ベトナムは縦に長く、すべての都市を回るにはもう少し時間が必要だと思いますが、今回はハノイやホイアンといった都市を中心に観光しました。4泊5日で観光する際の参考例として、僕が観光したコースを紹介したいと思います。

ベトナム観光の起点

ベトナム観光をする際は、日本の空港からハノイに行くケースと、ホーチミンに行くケースがあると思います。ハノイは北部、ホーチミンは南部です。中部のダナンへ行くケースもあると思いますが、メジャーなケースはハノイかホーチミンです。

4泊5日だと、ハノイ、ダナン、ホーチミン全て回ることもできますがちょっと駆け足になってしまうので、多くても2つに絞るのがいいと思います。

今回は、ハノイから入ってハノイから出るルートだったので、ハノイを起点にダナン、ホイアンを巡る旅程を組みました。

ハノイ1泊、ダナン1泊、ホイアン2泊です。ホイアンは街が世界遺産であり、かつリゾート気分も味わえる最高の観光地でした。次行くなら正直ホイアンだけで全泊でもいいかもしれません(笑)

それくらい、とても良いところでした。実際に行ってみて、どんなところが素晴らしかったのかを紹介していきたいと思います。

ベトナムでの観光ルート

まずは観光ルートについて紹介しておきます。

今回は4泊5日の旅でした。航空会社はチャイナエアラインです。

ベトナムによる前に、台湾で1泊トランジットしたので、トータルでいうと5泊6日です。

  • 1日目 羽田空港→台湾
  • 2日目 台湾→ハノイ→ホイアン
  • 3日目 ホイアン
  • 4日目 ホイアン→ダナン
  • 5日目 ダナン→ハノイ
  • 6日目 ハノイ→台湾→成田

ベトナム内の移動経路はこんな感じです。

重なってしまってわかりづらいですが、A:ハノイ、B:ホイアン、C:ホイアンです。ハノイ→ダナンまでは国内線、ダナン→ホイアンはタクシーで移動しました。

中部には、もう一つ観光地「フエ」がありますが、今回は旅程の都合上行きませんでした。

それでは順番に紹介していきます。

ホイアン

まずは初日のホイアンです。

ホイアンは、今注目度が急上昇している観光地です。僕が行って感じたのは、とても治安が良く、そして物価が驚くほど安いです。

ホリデイ・ヴィラというホテルに泊まりましたが、雰囲気がとても良いリゾートホテルでしたが、大人2名2泊朝食食べ放題つきでなんと9,000円という破格級の安さでした。

また、グルメもとても充実しています。特に驚いたのは、Banh My Phuong(バインミー・フーン)というお店で食べられるバインミーです。これがめちゃくちゃ美味しくて、一つ食べ終わってからたまらずもう一つ食べました。

□詳しくはこちら:

また、ホイアンには三大名物料理があり、ホイアンに行ったらぜひ食べて欲しいです。

□詳しくはこちら:

そしてホイアン自体がとても雰囲気が良くて最高の場所です。街自体が世界遺産で、街中にランタンが飾られていてとても幻想的な雰囲気です。

また、少し足を延ばすとまた別の世界遺産「ミーソン遺跡」にも行くことができます。

□詳しくはこちら:

今回の旅行では、1日目はホイアンを観光し、2日目はミーソン遺跡の日帰りツアーを利用しました。

ホイアンについては詳しくはこちらの記事でまとめています。

□詳しくはこちら:

ここで2泊しましたが、本当に最高の場所でした。

ダナン

続いてはダナンです。ダナンはリゾート地として近年注目度が上昇しています。

今回の旅行では、ダナン自体ではさほど時間がなくて観光ができませんでしたが、夜ご飯で行ったレストラン「ファット・フィッシュ」がとても美味しかったです。

□詳しくはこちら:

ハノイ

最後はハノイです。

交通量が多く、とても元気な街という印象です。

ハノイでは、1泊2日のスケジュールでしたが、タンロン水上人形劇、ホアンキエム湖など、見所が満載です。

今回はエッセンスパレルホテル(Essence Palace Hotel)というホテルに泊まりましたが、タンロン水上人形劇のチケットは、ホテルマンの方が取ってくれました。ベトナムはホスピタリティに溢れていて、本当に優しい方ばかりでびっくりしました。

水上劇は言葉が全くわかりませんでしたが、独特な雰囲気が味わえました。

ホアンキエム湖はハノイにある伝説の湖です。

ベトナムが中国の明に支配されていた時代、レ・ロイという皇帝が、湖に住む亀から宝剣を授かり、明を駆逐したという話です。ここで、金の亀が刀を背負っている置物を買い、実家と祖父母の家にお土産で買って行ったらとても喜ばれました。

□詳しくはこちら:

そして、何と言ってもベトナムといえばフォーです。本場のフォーを食べるのが今回の旅行の目的の一つでもありました。ハノイにあるフォーボーの名店「ザーチュエン(Gia Truyen)」に行きました。

□詳しくはこちら:

これは何度でも食べたい、本当に美味しいフォーでした。絶対に行く価値ありです。

お土産

海外旅行をしたら、友達や職場にお土産を買いますが、海外に行くと小分けのお菓子がなかなか見つかりません。今回利用したのは、アジサイ(Ajisai)というお店。ハノイにあります。

若干高めではありますが、日本語の案内もあり、店内も綺麗でここに行けばお土産が見つかると思います。

まとめ

ここまでベトナムの紹介をしてきましたが、改めてベトナムは本当に最高の観光地でした。物価が安く、人がとても親切で、そして何よりグルメのレベルがとても高いです。

日本でもベトナム料理は食べられますが、現地で食べるとやはりレベルが違います。ベトナム料理が好きな方は、洗練された本場の味をぜひ現地で食べてみてはいかがでしょうか。

-ベトナム旅行記

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.