京丹後・京都旅行記

【京丹後】かにの宿|1人約3杯分!王様「松葉がに」を堪能できる「カニフルコース」がコスパ最高なオススメ民宿(京丹後・京都旅行記#5)

更新日:



今回は、京都府の京丹後市にある、「丹後半島 網野の民宿 かにの宿」という民宿を紹介します。

この民宿では、かにの刺身、焼きがに、かにの天ぷら、茹で、かに鍋、と、ありとあらゆるかに料理が堪能できて、これでもかというくらい食べきれないほどの量を出してくれる、大満足の宿でした。

フルコースは11月6日~3月末のみですが、平日税別14,500円、土日祝前日は税別16,500円と、内容を考えるとかなりコスパがいいと思います。

日本海の「かに」を食べたい

かにの宿とは、文字通り「かに」をお腹いっぱいに食べることのできる旅館です。

今回、京都の北部(京丹後・宮津)、京都市内、大阪(箕面)を巡る旅行をしたのですが、ここで紹介する「かにの宿」が今回の旅行のメインイベントでした。

日本海には、いろんなブランド蟹がいます。越前ガニや松葉ガニ、香住ガニ、などなど、調べれば調べるほど出てきます。全て種類はズワイガニやベニズワイガニのようですが、取れる場所によって、その基準を満たすことによって、ブランド蟹と呼ばれます。

今回訪れた京丹後市のブランド蟹は「間人ガニ」(たいざがに)と呼ばれるそうです。

鳥取県の香住ガニとも迷ったのですが、伊丹空港からのアクセスや、他の観光地との兼ね合いも考えて、京丹後にしました。最初、「間人」と書いて「まじん」と読んでいましたが、人間の逆でまじん、うまいことできてるな、などということを考えつつ、京丹後に決めました。

かにの宿

京丹後の中でどこの宿がいいか、Googleの評価で一通り確認した結果、この宿が良さそうだったので予約しました。

公式サイトで調べたところ、こちらの宿で食べられるカニは「松葉がに」だそうです。何はともあれ、美味しいことには間違いありません。

場所は離湖という湖の畔りにあります。

部屋は一般的な民宿ですが、清潔で不便はありませんでした。お風呂は何個かあって、貸し切りできます。夕食がカニフルコースの場合は、朝・夕・昼(お弁当)で、税別14,500円です。(※期間は11月6日~3月末)。平日はこの値段、土日祝前日は税別16,500円です。

下で紹介しますが、これだけのコースでこの値段であれば、破格のコスパだと思います。結果的に、ここに行って大正解でした。

夕食

それでは夕食のかにフルコースを紹介していきます。

焼きかに

まずは焼きかにです。

夕食の部屋に入った途端、テーブルにセッティングされていました。一人一杯分ほどの量です。いきなりテンションが上がります。

このように焼いて食べます。表面が乾いてきたら食べごろです。

後ほど刺身も出てきますが、焼くことによって、甘みが引き立つ気がします。

とても身が詰まっています。シンプルに美味いです。これが食べきれないほど続きます。

かに刺し

続いてはかにの刺身です。

かにの刺身は初めて食べましたが、トロッとしていてちょっと意外な食感でした。例えるなら生エビに近い味・食感です。これは新鮮だからこその美味しさかもしれません。

かにの本場ならではの味わい方だと思いました。

かに天ぷら

続いては天ぷら

これも贅沢な食べ方です。油を通した蟹は、また甘みを増します。これもかなり美味いです。

かに甲羅蒸し(かにみそ)

かにみそもかにみそとして出て来ます。一年分の贅沢をしてる気分です。超濃厚です。

かに茶碗蒸し

もうこれでもかというくらいにカニ料理が出て来ます。考えつくカニ料理は全て出されてるかのようです。

アワビ

かに以外にも豪華な料理が出て来ます。これはアワビです。アワビを焼いて食べます。

歯ごたえがすごいです。プリンプリンです。コリコリしていてとても美味しかったです。

お造り・寿司

ここまでくると笑ってしまうくらいのボリュームです。しかしながら驚くのはボリュームだけでなく、鮮度がとても良いのでこのお刺身もとても美味しいです。

クオリティの高さに驚きました。

かにすき(鍋)

続いてはかにすきです。

鍋をするにあたり、もう一杯追加です。ただこれはもう食べきれないので、そう伝えたら、ボイルして郵送してもらえることになりました。食べられる分だけ、鍋で食べます。

野菜も具沢山です。

かにの出汁が出ていてとても美味しいです。

最後はシメの雑炊にします。

もうここまでくると限界が近づいて来ます。

茹でかに

続いては茹でかにです。ここに来てさらに一杯分追加されます。

すごい量です。これはもう食べきれないのでさすがに持ち帰りです。茹で蟹は持ち帰る人が多いようです。

一本だけ食べました。茹では一番慣れ親しんだ味です。柔らかく、マイルドな甘みもあって美味しいです。やっぱりこれが一番好きです。

大満足の夕食カニフルコースでした。

朝食・お弁当(昼食)

翌朝の朝食も紹介しておきます。

朝食も美味しいです。

そして帰り際、お弁当もくれました。

たまごと肉そぼろのお弁当です。とても美味しかったです。

夕食で食べきれなかった分は郵送してもらえる

かに鍋と茹でカニで食べきれなかった分はクール便で郵送してくれました。

家で美味しくいただきました。

食べきれない分は家で落ち着いていただくのが良いです。冷凍で送ってもらえるので、ゆっくり食べられます。

旅行から帰って来てからも満足させてくれる宿でした。

まとめ

今回は、京都府京丹後市にある民宿「かにの宿」を紹介しました。かにのフルコースは一年以上分のカニが食べられた気がします。この料金でこれだけのカニが食べられるというのは最高です。そして帰って来てからも満足できます。最高の民宿でした。

□じゃらんへのリンク:

クチコミ夕食4.6★丹後の魅力いっぱい!新鮮魚を味わいほっこり◎

今回は以上です。

-京丹後・京都旅行記

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.