京丹後・京都旅行記 グルメ

京都 先斗町(ぽんとちょう) 炙り焼き かつの|雰囲気抜群、値段は良心的な炙り焼き居酒屋(京丹後・京都旅行記#12)

更新日:



今回は、京都・先斗町(ぽんとちょう)にある、「炙り焼き かつの」というお店を紹介します。

先斗町

先斗町は京都の鴨川沿いにある飲屋街です。

読み方が最初わかりませんでしたが、「ぽんとちょう」と読むそうです。

このエリアは森見登美彦の小説「夜は短し歩けよ乙女」で黒髪の乙女が訪れた場所でもあります。

夜はこんな雰囲気です。お店が路地の両サイドに連なっています。どこのお店に入るか迷いますが、今回は「かつの」というお店に決めました。

炙り焼き かつの

こちらが「かつの」の入り口です。ものすごく雰囲気のあるお店です。

食べログの評価はイマイチですが、Google評価がとても高いです。経験上そういうお店は間違いありません。

メニューはこちらです。

お店の外見は敷居の高そうな雰囲気ですが、こうしてメニューを見てみるとそこまでではありません。むしろ安くて良心的です。

注文したもの

ここからは注文したものを紹介していきます。

まずはビールです。このお店はキリンでした。

こちらはお通しですが、このお店はタレがとても美味しいです。

甘塩っぱくてあとをひきます。このタレは何にもつけられます。

こちらはネギの挟まった油揚げです。焼いて食べると最高に美味しいです。タレにも合います。

こちらは茄子のたいたん。味がしみていて美味しいです。

こちらは唐揚げです。

こちらはつくね。チーズが乗っています。

こちらは干物セットです。

このお店の特徴は、説明がとても丁寧です。一つ一つ説明してくれました。

網焼きにします。特に美味しかったのはイカです。中の味噌のようなものがとても美味しかったです。

まとめ

今回は、京都・先斗町にある「炙り焼き かつの」を紹介しました。

雰囲気が抜群によく、敷居が高そうに見えますが、勇気を出して入ってみると、値段は良心的で料理も美味しく、とてもよいお店でした。

先斗町に行ったらおすすめなお店です。

今回は以上です。

店舗情報

営業時間:17:00~23:00 (L.O. 22:30)
定休日:木曜日

アクセス:

-京丹後・京都旅行記, グルメ

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.