京丹後・京都旅行記

天橋立|一生に一度は訪れたい「日本三景」。実際に行ったら大迫力の絶景だった。(京丹後・京都旅行記#2)

更新日:



今回は、日本三景の天橋立に行ったので紹介したいと思います。がっかり名所なんて言われたりもしますが、実際に見た天橋立は迫力があって圧巻の景色でした。

天橋立

天橋立は、松島、宮島とともに、日本三景と言われている、絶景スポット・観光地です。場所は京都府宮津市にあります。

今回は、京都・大阪を巡る旅行の中で訪れました。伊丹空港から車で2時間ほどかけて移動しました。

宮津天橋立ICで降りて天橋立に向かいます。駐車場はたくさんありましたが、智恩寺の裏側、くじからラーメンの奥にある駐車場にしました。

天橋立の観光は、天橋立ビューランドという展望台からの景色を楽しむのがメインですが、天橋立近辺にはお土産屋やレストランなども並んでいます。

お土産・レンストランの通り

まずはビューランドに行く前に、お土産屋やレンストランの通りを紹介しておきます。

人も結構います。

お土産やさんにはこんな感じでカニや干物などが店先にありました。思わずお店に入ってしまいます。

また、着いた時間が少しお昼を過ぎていたので、お昼をどこかで食べようと思っていたのですが、駐車場の近くにあったこのラーメン屋がものすごくいい匂いを漂わせていました。

くじからラーメンという醤油ラーメンのラーメン屋です。ここは、行きで結構並んでいたので、帰りに行こうと思って行ったみたのですが、もう閉まっていました。。とても残念でした。

天橋立ビューランド

それでは観光のメインスポットの天橋立ビューランドに移りたいと思います。

天橋立を背にして、反対方向にリフトを登っていきます。

ちなみに、リフトとロープウェイがありますが、リフトがオススメです。

こんな感じで、絶景を望めます。

頂上からの景色は最高でした。がっかりスポットなんて言われたりもしますが、決してそんなことはありませんでした。

本物で見ると、迫力があります。これは一度は実際に見てみるのをお勧めします。

ところで天橋立は、「股のぞき」というのがあって、またから覗くと天に舞い上がる龍のように見えるようです。

飛翔龍と呼ばれているようです。

ちなみに、反対側から見るとこんな感じになります。

確かに、こうして見ると、龍のようにも見えます。

これが自然にできた景色というのがすごいですね。

まとめ

今回は、日本三景の天橋立を紹介しました。

がっかり名所なんて言われたりもしますが、実際に行って見ると、迫力があって圧倒されます。僕はとても楽しめました。ここは行く価値があると思います。

ぜひ一度、写真ではなく、実際の景色を見てみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。



-京丹後・京都旅行記

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.