飲んだビール

【バンベルグ名物 燻製ビール】シュレンケルラ ラオホビア・メルツェン

更新日:



こんにちは。今回は、代々木の Tanne というお店で飲んだ、シュレンケルラの「ラオホビア・メルツェン」について紹介したいと思います。

ラオホビア

ラオホとは「煙」の意味で、麦芽をスモークしてつくる"燻製ビール"です。

飲んでみるとわかりますが、本当に燻製の味がします。

ラオホは、ドイツのバンベルグという都市の名物ビールです。

ニュルンベルクの上あたりにあります。昔ドイツに行った時、フランクフルトからミュンヘンに向かう途中で寄りました。

ドイツのバンベルグに行った時に初めて飲んだのですが、正直、「え...」という感じでした。(あまり美味しいとは思いませんでした...)

ただ一度は飲んでみる価値があります!

それにしても、よくこんなビールを考えたと思います。普通に飲んで美味しいのに、なぜ燻製しようと思ったのでしょうか。

今でもつくられ続けているので、それはそれで愛されている証拠なのかもしれません。

シュレンケルラ ラオホビア・メルツェン

さて、シュレンケルラのラオホビア・メルツェンですが、代々木にあるTanneというお店で飲みました。

実際に飲んだのは昨年(2017年)の11月頃ですので、今はあるかはわかりません。

泡の立ち方がいい感じです。店員さんが注いでくれましたが、普段家で自分がグラスに注ぐよりはるかに上手いです。さすがです

とても濃い色をしています。黒に近い、濃褐色といった感じです。

そして匂いがとてもスモーキーです。

原材料は、麦芽とホップのみ。ラベルには以下のような説明があります。

シュレン ケルラ
歴史的に有名なスモークビール醸造所
南ドイツの古都・バンベルグで、燻製されたモルトを使って醸造される、個性豊かなスモークビールです。

歴史のあるビールというのはそれだけで魅力的です。

飲んだ感想ですが、やはりとてもスモーキーな味がします。ドイツで飲んだ時よりは、ややマイルドな味がします。

メルツェン麦芽の甘みがあるせいでしょうか。麦の味とマッチして、これはこれで癖になります。

これは夏に飲むビールではないですね。秋から冬にかけて、じっくり飲みたいビールでした。

これから秋にかけては味わい深いビールを飲める機会が増えてくると思いますので、今からとても楽しみです!

みなさんもぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

シュレンケルラ ラオホ ビア ヴァイツェン 500ml
Schlenkerla(シュレンケルラ)
¥ 682
ベルギー麦酒屋ウエハタ
飲んだドイツのビールの一覧はこちら:
「ドイツのビール」一覧

Tanneの店舗情報

営業時間
Dinner pm5:00~pm11:30(L.O pm11:00)
定休日 日曜日・祝祭日

アクセス:
代々木駅西口から歩いて1分

Tanne ホームページ:
http://tanne-pf.co.jp

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.