飲んだビール

新・キリンラガー|10年ぶりのリニューアル、実際に飲んでみたら激ウマビールに進化していた

更新日:



今回は、10年ぶりにリニューアルされた「キリンラガー」を飲んだので、感想などを書こうと思います。

キリンラガー

キリンラガーは、キリンビールの代表的なビールです。SINCE 1888年とのことです。めちゃくちゃ歴史があります。1888年は明治時代です。日清戦争が1894年らしいので、それよりも前になります。

前に一度、「キリンクラシックラガー」を飲んで、その時の感想をこのブログでも紹介しました。

キリンビールの前身であるジャパンブルワリーカンパニーが設立されたのが1885年。その後、キリンビールが1888年に発売されます。1889年には、長崎の「グラバー園」で有名なあのグラバーさんの提案でデザインが変更され、ほぼ現在のデザインの原型が出来上がっていたそうです。グラバーさんはジャパンブルワリーカンパニーの株主だったそうです。

ビール検定で勉強した時に得た知識です。

created by Rinker
¥1,650 (2020/10/23 16:03:05時点 Amazon調べ-詳細)

10年ぶりのリニューアル

そして今年2020年、キリンラガービールがリニューアルされたようです。デザインもちょっと変わっていて、味も変わりました。

ホームページによると、

爽やかな香りと苦味が特徴の「ドイツ産ヘルツブルッカーホップ」を使用し、またホップを増量したとのことです。また、ホップ配合も調整し、穏やかな苦味をもたらすホップの比率を増やしたようです。仕込み工程では酸味を抑える工夫を施したとのこと。

また、パッケージも変わっています。

LAGER BEERという表記だったのが、KIRIN LAGERに変わっています。デザインの変更もあったようです。見比べてみると割と違います。

「新」という大きな文字がありますが、これをスーパーで見かけて、一発で、「新しくなったんだ」ということがわかりました。結構目にとまります。

原材料は麦芽、ホップ、米、コーン、スターチです。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていきます。

色合いは黄金色です。

泡がふかふかです。

こんなビールの泡のベッドで寝てみたいです。

香りは爽やかなモルトの甘味を感じます。

飲んでみると、とてもマイルドな舌触りです。カドのない優しい後味がとても心地よく、ゴクゴクと飲むことができてしまいます。

キリンラガーは結構苦味が強いイメージでしたが、今回のリニューアルでかなりイメージが変わりました。ものすごく飲みやすいです。

これはめちゃくちゃ美味しいです。

他のビールと比べてみると、エビスや一番搾りほど甘くはなく、逆にスーパードライほどドライでもなく、その中間という印象です。ボディもそこそこあっての見ごたえがあります。香りは爽やかですがプレモルのようなフルーティな香りとも違っています。

何より後味がとても良いです。

ホームページでの説明に、「酸味や苦味が突出した印象を抑えることで、よりバランスのとれた飲み飽きないうまさへと進化」とありますが、これに尽きるかもしれません。

リニューアルされたキリンラガーはとても美味しいラガービールでした。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.