飲んだビール

キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール|爽やかで鮮明な甘味が特徴のフレッシュラガー

更新日:



今回は、キリンビールの「一番搾り とれたてホップ生ビール」を紹介します。

一番搾り とれたてホップ生ビール

一番搾り とれたてホップ生ビールは、毎年発売されているビールです。今年で16年目だそうです。2019年の今年は、10月29日(火)に発売されました。この時期は新しいビールが

公式サイト:
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/toretatehop/

このビールは、岩手県遠野産のホップを使っているところがウリなようです。遠野といえば、遠野醸造というブルワリーがありますが、こちらも遠野で育てたホップを使っているのがウリです。キリンが遠野でホップを育てている、というような話を以前のイベントで聞きました。IBUKIという名前のホップだった気がします。

とにかくキリンは遠野に力を入れているという印象です。

飲んだ感想

それではここからは飲んだ感想を書いていきます。

パッケージは青々とした爽やかなイメージです。ホップが描かれています。秋限定のビールは赤みがかった色合いのものが多いですが、一山超えると今度はこのような爽やかな色になります。

今だけのおいしさ。とれたてのホップを一番搾り製法だからできた味。

とのことです。とれたてのホップを使ったビールは美味しいイメージがあります。志賀高原ビールのフレッシュホップシリーズはとても美味しいです。

そして何よりこのビールは製造年月日がとても最近でした。飲んだのは11月頭だったので、このレベルで出来立てが飲めるのはなかなかありません。もしつい最近造られたビールを見つけたら、それは飲むべきです。

さて飲んだ感想ですが、まず香りがとても爽やかで甘みがあります。

飲んだ感想としては、とにかく甘みが強いです。モルトの甘味をすっきりと、洗練させた味です。さすがは一番搾りです。

甘味の強さでいうと、エビスもとても強いですが、このビールも割と近い気がします。

とれたてホップとのことですが、フルーティな香りが立ったビールというよりは、後味のキレがよく、苦味がだらっとしていないあたりが特徴でしょうか。兎にも角にも、美味しいビールでした。

この時期しか飲めないので、もし見かけたらぜひ飲んで見てください。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.