飲んだビール

京都醸造 朧月|柑橘系のホップフレイバーがきいたドライで新感覚のベルジャンホワイト

投稿日:



今回は、京都醸造の朧月を紹介したいと思います。

京都醸造

京都醸造は京都にあるブルワリーです。

先日、京都に旅行した際に醸造所併設のタップルームに行ってきました。

持ち込み自由なので、好きなお菓子などを持ち込んでビールを飲むことができます。とても自由な空間でした。

ビールはこの日は10タップほどありました。つくりたてのビールを飲むことができます。

スタイルはベルジャンです。セゾンやホワイトビールなどが中心です。クラフトビールといえばアメリカンスタイルのビールをつくるブルワリーが多いですが、ここはベルギービール専門というブランドで攻めています。

今回紹介するのは「朧月」という"ベルジャン・ウィット"スタイルのビールです。

朧月

"ベルジャン・ウィット"というスタイルは聞いたことがありませんが、公式サイトをそのまま引用しました。どうやら"ベルジャン・ホワイト"の事のようです。

一期一会もそうでしたが、見た目がものすごく良いです。ふんわりとした泡と濁った淡い白色をしています。柑橘系のホップフレイバーがいい感じです。紅茶のような芳醇な香りがします。

ウィートの酸味、ホップ由来の甘みのバランスがとてもよいです。モルト感はあまりなく、一期一会よりもドライです。酸味が心地よく、柑橘系の優しい感じがします。ドライで、アルコール感もさほど感じないので、ドリンカビリティは高いです。

一期一会:

いろんなスタイルのベルギービールが飲めて良いブルワリーだと思います。名前からどんなビールなのかイメージが全くつきませんが、スタイリッシュで良いブルワリーだと思いました。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.