飲んだビール

ヤッホーブルーイング 水曜日のネコ|青リンゴのような酸味、クリアな口当たりが特徴のホワイトエール

更新日:



こんにちは。今回は、ヤッホーブルーイングから発売されている、「水曜日のネコ」というビールを飲んだのでご紹介します。

ここ最近、軽井沢で飲んだクラフトビールの紹介をしていますが、今回の水曜日のネコも、軽井沢にいった時に飲んだビールです。軽井沢はとてもクラフトビールに熱い街でした。

軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

この一覧で紹介しているビールは軽井沢限定のビールが多いですが、このビールに関しては全国のローソンやスーパーでも買えますので、皆さんにも馴染みがあるビールなのではないかと思います。

ヤッホーブルーイング

このビールを出している会社は、ヤッホーブルーイングという会社です。

長野県の佐久市に醸造所があります。ビール好きの方には、おなじみの会社だと思います。よなよなエールが有名です。

外部リンク:
よなよなエール|ヤッホーブルーイング

他にも、インドの青鬼や、東京ブラックなどが有名です。

今回紹介する「水曜日のネコ」も、ヤッホーブルーイングの主力商品です。

外部リンク:
よなよなの里 商品一覧

水曜日のネコ

こちらが水曜日のネコのパッケージです。ネコが可愛いです。色も淡くて可愛らしく、ビールという感じがしません。

このビールは、ベルジャンホワイトというスタイルです。ベルギーのヒューガルデン村が発祥です。ベルジャンホワイトは、今までにも結構飲んでいます。

ベルジャンホワイトは、オレンジピールやコリアンダーなどの副原料を使っていること、小麦を使っていることが特徴的なスタイルです。

これら副原料によって、スパイシーな香味が感じられます。また、小麦のおかげで、ビールは白く濁り、ふんわりとした泡が立ちます。また小麦特有の酸味も感じることができます。

実際に、水曜日のネコにも、これらの材料が使われています。

また、裏側には、ベルジャンホワイトの説明が書かれています。


今夜は気ままに。
心をゆるめるホワイトエール。


グラスに注げば立ちのぼる、青リンゴを思わせる香りとオレンジの皮の爽やかな香り。口に含めば、ほのかなハーブ感がフルーティさを引き立てて、すっきりとした飲み口がやさしく喉を潤してくれる。「水曜日のネコ」は、心と身体をふっとゆるめてくれるような、ベルジャンホワイトエールです。

ヤッホーブルーイングは、この説明がめちゃめちゃ上手いです。

他のビールの説明でも、ビールのイメージを的確に伝えています。水曜日のネコも、とてもわかりやすい説明です。

『「水曜日のネコ」は、心と身体をふっとゆるめてくれるような、ベルジャンホワイトエールです。』と書かれています。「ゆるめる」という言葉がよく出てきます。このニュアンスは、実際に飲んでみるとわかると思います。

味の感想

最後に、味の感想を書いていきたいと思います。

見た目は濁りのない澄んだ色をしています。ベルジャンホワイトといえば白く濁った色をしていますが、水曜日のネコはとてもクリアです。香りはフルーティで、酸味があります。説明にもありますが、青リンゴのような爽やかな香りです。

飲んでみると、やはり酸味を感じます。フレッシュで青い果実の皮のような味わいです。ホワイトエールの中でも、口当たりはそこまでソフトさやスムースさはなく、クリアな印象です。クリアで飲みやすさのあるベルジャンホワイト、という感じでしょうか。

缶のデザイン、缶の説明、細かいところまでのこだわりを感じます。僕はとても好きです。

まとめ

今回は、水曜日のネコについてご紹介しました。これは全国のコンビニやスーパーでも買うことができるかと思いますので、ぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

水曜日のネコ 350ml×8本
よなよなエール
¥ 2,032
お酒のひのや キャッシュレス5%還元対象店
軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.