飲んだビール

【ヤッホーブルーイング】 僕ビール、君ビール。|ビール好きのための、上品で優しいセゾン

更新日:



こんにちは。今回は、ヤッホーブルーイングから発売されている、「僕ビール、君ビール。」というビールを飲んだのでご紹介します。

ここ最近、軽井沢で飲んだクラフトビールの紹介をしていますが、今回の僕ビール、君ビール。も、軽井沢にいった時に飲んだビールです。

軽井沢はとてもクラフトビールに熱い街でした。

軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

この一覧で紹介しているビールは軽井沢限定のビールが多いですが、このビールに関しては全国のローソンやスーパーでも買えますので、皆さんにも馴染みがあるビールなのではないかと思います。

ヤッホーブルーイング

このビールを出している会社は、ヤッホーブルーイングという会社です。

長野県の佐久市に醸造所があります。

ビール好きの方には、おなじみの会社だと思います。よなよなエールが有名です。

外部リンク:
よなよなエール|ヤッホーブルーイング

他にも、「インドの青鬼」や「水曜日のネコ」、「東京ブラック」などが有名です。

僕ビール、君ビール。

まず、名前がとてもユニークです。

「僕ビール、君ビール。」・・・?といった感じですが、そこは実際に飲んでみて、その意味を考えてみたいと思います。

パッケージには、カエル君がいます。このビールのメインキャラクターのようです。

また、缶の下の方に、「FOR YOU & ME」の文字があります。「僕ビール、君ビール。」の英訳でしょうか。そのまま訳すと、「君と僕のために」になります。要するに、「自分たちのためのビール」ということなのでしょうか?

缶の側面を見てみます。

原材料は、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ のみです。

またこのビールは、「セゾン」というスタイルのビールのようです。

「セゾン」とは、ベルギー発祥のスタイルです。日本ビール検定公式テキストによると、以下のようなビールです。

南部ワロン地方発祥のスタイル。農民が夏の畑仕事の合間に飲むために、農閑期に自家醸造していたのが始まりといわれています。

セゾンとは、農民が自分たちで飲むために自家醸造していたビールのようです。

僕ら(ビール好き)のためのクラフトビール

また別の面を見てみます。

ハッとする味と香り。これが僕らのビール

時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。きょう、この時から、僕らの生活に色を加える、新しいビールの体験がはじまる。

なかなか強いメッセージ性のある文章です。ビールの常識を変えよう、とでも言うような、強いメッセージが感じられます。

「僕ビール、君ビール(FOR YOU & ME)」というタイトルから、今の時代を生きる自分たちのためのビールを造ろうという思いを感じ取りました。

そんな思いを、自分たちで飲むために自家醸造したことから始まった「セゾン」と言うスタイルで表現しているのかもしれません。

(注)あくまで個人的な解釈です!

味の感想

それでは味の感想に移ります。

このビールも、グラスではなく紙コップで飲んだので、注いだところの写真はありません。色や泡立ちの様子はわかりませんでした。

飲んでみた感想ですが、柑橘の匂いと苦味がそこそこ強く、ホップが強いビールといった印象です。

また、後から酸味もあり、小麦も効いています。

前回ご紹介した、セッションIPAも柑橘系風味のホップの効いたビールでしたが、今回のビールはセッションIPAをマイルドにした感じです。

まとめ

ヤッホーブルーイングのビールは、柑橘系のホップの匂いが感じられる爽やかなビールが多いですが、「僕ビール、君ビール。」も、まさにそんなビールでした。

全国のコンビニやスーパーでも買うことができるかと思いますので、ぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.