飲んだビール

【ヤッホーブルーイング 東京ブラック】エールタイプの黒ビール「ポーター」の特徴とは?

更新日:



こんにちは。今回は、前々から気になっていた、ヤッホーブルーイングのポーター「東京ブラック」を飲んでみたので、ご紹介しようと思います。

ポーターとは

「ポーター」とは、イギリスのロンドンで生まれた黒ビールです。

18世紀の初め、イギリスでは、3種類のビールを混ぜて飲む飲み方が流行していました。

そこで、ロンドンのベル醸造所の経営者「ラルフ・ハーウッド」が、あらかじめ3種類をブレンドして商品化したのが、ポーターの始まりと言われています。

「ポーター」の名前の由来は諸説あるようですが、一説によると、エールハウスに樽を運んできた運搬人が、「運んできたよ!(ポーター!)」と叫んだのが、ポーターの名称の由来だと言われています。

エールタイプの黒ビール「ポーター」の特徴

さて、前置きをそこそこに、東京ブラックを飲んでいきたいと思います。

まずは缶の情報をチェックしていきたいと思います。

缶のデザインがかっこいいです。真夜中、力士が月を見上げています。

雲が黒ビールの泡の色となっており、黒ビールを連想させます。

原材料は、麦芽とホップのみです。

裏面には、東京ブラックの説明が書かれています。

本場イギリスでは、エールビールの特徴を活かした濃厚な黒ビールが人気です。ロースト麦芽と薫り高いホップが醸し出す香ばしい味わいは世界中で愛され、遠く日本にも輸出されています。ヤッホーブルーイングの「Tokyo Black」は、日本で醸造された、本格的なポータースタイルの黒ビールです。

どうやら、「エールビールの特徴を活かした濃厚な黒ビール」のようです。

ところで、エールビールにも色々あると思いますが、先日飲んだ「シメイ」はものすごく濃厚なビールでした。

関連記事:

また、エールタイプのビールの特徴については以下の記事が参考になりました。

この記事によると、上面発酵酵母は発酵の副産物によって特徴的な香味が生まれ、全体的に奥行きのある味わいのものが出来るようです。

上面発酵酵母による発酵の特徴としては副産物が多く、フルーティーな香りやエステル香と呼ばれる香り(バナナに似た香り)がついたりして、全体に奥行きのある味わいのものが出来ます。

さて、ここまでの内容からポーターについてまとめてみます。

東京ブラックの説明に、「本場イギリスでは、エールビールの特徴を活かした濃厚な黒ビールが人気です。」とあります。

言い換えると、ポーターとは、

エール酵母の特徴により、副原料由来の特徴的な香味を感じることのできる黒ビール

と言ったところでしょうか。

これについては実際に飲んで実感してみたいと思います。

東京ブラック

色は真っ黒なビールです。泡は濃い茶色。まさにパッケージデザイン通りです。

匂いはロースト麦芽の香ばしい匂いの中に、わずかに発酵したものの匂いを感じます。味噌と言ったら言い過ぎですが、それに近い匂いです。これが上にも書いた、エール酵母由来の香りなのでしょうか。

味については、最初香ばしいロースト麦芽の甘みを感じますが、後味はすっきりしていてマイルドな心地よさがあります。この点は、同じエールでも、「シメイ」とは全く違う点です。

まとめ

日本で飲める新鮮なポーターということで、「東京ブラック」は日本にいながら本場イギリスの味が楽しめるビールでした。

皆さんもぜひ、飲んでみてください。

今回は以上です。

ヤッホーブルーイング 東京ブラック 350ml (IBC2010金賞受賞)
よなよなエール 東京ブラック
¥ 252
酒のひのや
東京ブラック 350ml 8缶セット
東京ブラック
¥ 2,019
酒のひのや

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.