飲んだビール

【ホフブロイ】オクトーバーフェストビール(メルツェン)|濃厚でクリーミーな甘みがあるのにクリアでゴクゴクいつまでも飲めてしまうビール

更新日:



こんにちは。今回は、ホフブロイの「オクトーバーフェストビール(メルツェン)」を紹介したいと思います。

ホフブロイ

ホフブロイは、ドイツにある醸造所です。

1589年に、バイエルン国王のためのビール醸造する醸造所として設立されました。

僕も以前ドイツに行った時にはホフブロイハウスに行きました。南ドイツ(ミュンヘン)の地球の歩き方の中でビアレストランの紹介ページがありますが、一番最初にこのホフブロイハウスの紹介が出てきます。日本人にもとても人気の醸造所だそうです。

オクトーバーフェストでもおなじみ

このHBのロゴは見覚えのある方もいるのではないかと思います。日本全国で行われている「オクトーバーフェスト」では、ホフブロイハウスは大抵登場します。ホフブロイハウスは、ミュンヘン6大醸造所の一つで、政府から正式にオクトーバーフェストビール「メルツェン」の醸造を許可されている醸造所です。

ツムビアホフ新宿

さて今回ホフブロイを飲んだのは、こちらのお店です。

新宿の東口、まさに新宿のど真ん中にあるお店ですが、店内はまるでオクトーバーフェストのようです。

ここではホフブロイハウスのビールを飲むことができます。今回は、このお店で飲んだ「オクトーバーフェストビール(メルツェン)」を紹介したいと思います。

ホフブロイ「オクトーバーフェストビール」

それでは、ホフブロイのオクトーバーフェストビール(メルツェン)を紹介していこうと思います。

「メルツェン」とは「3月」という意味なのですが、これは3月に仕込まれることからそう呼ばれています。毎年9月〜10月のオクトーバーフェストのために造られています。僕はメルツェンがとても好きで、毎年オクトーバーフェストの時期をとても楽しみにしています。上にも書きましたが、ホフブロイは6大醸造所の一つですが、6大醸造所の中の一つ、ハッカープショールがとても好きです。

値段は1杯1000円近くしますが、しかしこの時期になると何杯も飲んでしまいます。

ホフブロイのメルツェンを飲むのは今回が2度目ですが、ドラフトで飲むのは今回が初めてです。

飲んだ感想

さて飲んだ感想を書いていきたいと思います。

こちらがメルツェンです。ちょっと変わったグラスに入ってきました。

靴のような形をしています。いかにもオクトーバーフェストらしい、お祭りっぽいグラスです。

飲んだ感想としては、一言で言うと「濃厚でクリーミーな甘み」があります。この安定の甘みが、まさにメルツェンです。

しかもこのホフブロイのメルツェンはとてもクリーミーです。ケラーをも彷彿とさせる甘味です。ケラーとは、無濾過のラガービールでとても濃密な味のするビールです。

それなのにクリアな色合いで、爽やかにガンガンと飲めてしまいます。これぞドイツミュンヘンのオクトーバーフェストビール!と言う印象です。これを本場ドイツのオクトーバーフェストで飲んだら確実にうまいと思います。いつまでも飲んでいられます。

やっぱりメルツェンはうまいです。これだけ濃厚なのに、いつまでも飲んでいられると言うところにこのビールのすごさを感じます。何杯か飲んでより価値がわかるのかもしれないと思いました。

今回は以上です。

ツムビアホフ新宿:店舗情報

営業時間:
月~金 17:00~29:00
土   15:00~29:00
日・祝 15:00~23:30

アクセス:
新宿駅東口から徒歩4分

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.