飲んだビール

【ハッカープショール】蜂蜜のような甘味!「ケラー」は酵母の旨味が詰まった超濃厚な無ろ過ラガー(anno 1417)

更新日:



今回は、ハッカープショールの「ケラービア」を紹介します。

横浜のオクトーバーフェストで初めて飲んだのですが、衝撃的な美味しさのビールでした。

ケラーといえば、ケストリッツァーのケラービアは以前渋谷の信濃屋で発見して、ゲットして以来冷蔵庫で大切に保管しております。しかし未だに飲んだことはなく、今回のケラーが飲むのは初です。今回の記事では、ケラーを飲んでみての感想はもちろん、ケラーとはそもそも何なのか?ということについて迫りまりたいと思います。

ケラー(Keller)とは

「ケラー(Keller)」とは、ドイツ語で地下室を意味します。

以下のサイトに、詳しい説明がありましたので引用させていただきます。

ケラービールは、醸造所が出荷前に地下室で貯蔵しているビール、を意味しており転じて一般的には、その醸造所の主力のラガービール(それ以外は聞いたことがない)の無濾過のビールを指している。ラガービールは通常は濾過して出荷するために、濾過前のビールは「醸造に携わる人しか飲むことのできない、特別なビール」ということになる。
引用:http://baerenbier.hatenadiary.jp/entry/2017/11/14/155536

醸造に携わる人しか飲むことができないビールを、日本で飲めるとは、、これは飲んでおいて正解でした。

ハッカプショール「ケラー」

正式タイトルは「アノ1417ケラービア(Hacker-Pschorr anno 1417 Kellerbier)」です。

1417とは、1417年のハッカー醸造所設立を示しているようです。

1417年のハッカー醸造所(Altes Hackerhaus)の創設された年の名を冠して造られたケラービールです。
ハッカー・プショール(ハッカー・プショア)の名の端緒となったのは、ヨゼフ・プショール(Joseph Pschorr;1770-1841)と醸造家の娘マリア=テレジア・ハッカー(Maria Theresia Hacker;1772–1800)が1793年に結婚し、プショールがハッカー醸造所を買い上げ、更に1820年には別の醸造所(Zum Bauernhansl)を購入してそれにプショール醸造所と名を付けたことにあります。
引用:https://blogs.yahoo.co.jp/brillat_savarin_1/25904208.html

またこのビールは「自然発酵」とのことです。自然発酵でかつ、その酵母が無ろ過の状態で残っているビール。これは激レアものではないでしょうか。

飲んだ感想

酵母が入った樽からケラービアが注がれます。

泡がもっこりしております。このモコモコ感がたまりません色は写真で見たよりもクリアでした。淡色で、透き通っています。濁ってはいません

メルツェン同様、これもベンチへ運びます。

飲んでみた感想ですが、めっちゃマイルドなビールです。クリーミーな、蜂蜜のような甘さです。

メルツェンは重たい甘さですが、ケラーは軽やかでふわっとしたマイルドな甘味がします。ほのかな酸味も同時に感じられ、それによって爽やかさが生まれます

苦味は感じません。後味も、鼻から抜ける爽やかな甘味がとても心地よいです。とても美味しいビールでした。

酵母入りのビールは同じようにマイルドな味がします

ハマりそうです。同じタイプのビールを探してみようと思います。

また、このビールを飲んだ「横浜オクトーバーフェスト2018」では、他にもハッカプショールのメルツェンや、本場デュッセルドルフの「アルト」を飲みました。

オクトーバーフェストでしか味わえないビールもあります。毎年やっているので、今年行けなかった方も、来年はぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.