ビールイベント

American Craft Beer Experience 2018 が最高に楽しかった(アメリカン クラフトビール エクスペリエンス)

更新日:



American Craft Beer Experience 2018(アメリカンクラフトビールエクスペリエンス2018)というイベントが、浜松町で開催されていたので、行ってきました。

下調べをするも…

事前に、どんなブルワリーが出店するのか調べてみたのですが、全く情報が出てきません。公式サイト(Facebook)を見ても、ただ、場所と、日時が書いてあるのみ。

当日、Twitterでも調べて見ましたが、「到着しました!」や、「混雑してます!」というツイートをちらほら見かけましたが、どんなブルワリーがあるのかはわかりません。先々月、けやきに行った時は、出店ブルワリーを全てサーチして、飲むビールを決めていきましたが、今回は全く決めずにいきました。

そもそも、アメリカのクワフトブルワリーなんてほとんどわからないのに、一抹の不安を抱えつつ、とりあえず行ってみることにしました。

着いたはいいものの…

場所は、竹芝の「ニューピアホール」。山手線浜松町駅から歩いて10分くらいのところにあります。

中に入ると、人!人!人!熱気がすごかったです。

まずは会場を1周してみることに。ものすごい人でしたが、その間をかき分けて、一通り見て回りました。シエラネバダや、ストーンなど、僕でも知っているブルワリーから、見たことのないブルワリーまで、様々なビールがありました。サーバーから供給されるビールもありましたが、缶ビールから出しているところが多かったです。

ひとまず一周して雰囲気は掴めました。会場の入り口に、受付兼水売り場があったので、受付の人に本日のブルワリーリストをもらうことに。

しかし!リストはないとのこと。会場にあるビールのリストはありませんでした。

仕方なく、会場をもう1周して、どんなビールがあるかを見てみることに。

1杯300円で飲めるコーナー

今回は、全部で5杯のビールを飲みましたが、特に良いと思ったコーナーがありました。

このコーナーなにが良かったかというと、いろんなブルワリーの缶ビールが置いてあったのですが、一律7ozが300円で飲むことができました。アメリカのクラフトビールは、お店で買うと1本600円とかしますが、ここでは味見感覚で、いろんなビールが楽しめます。

その場で色々調べた結果、「Theree Weavers(スリーウィーバース)」を飲んでみることに。すると隣にいたお兄さんが、「スリーウィーバースとか、普通に買ったら1000円くらいするじゃないですか!なんすか!」と店員さんに話しかけていました。

そんなに貴重なものとは知りませんでしたが、ひとまず注文。

こちらが1番のExpariate IPA。確かに、とても美味しかったです。ウェストコーストIPAです。サンディエゴのビーチを想像させるトロピカルなアロマが押し寄せてきます。

□詳しくはこちら:

これは美味いと味をしめ、今度は3番の「Knotty(ノッティ)」を飲んで見ました。

するとこちらも抜群に美味い。どちらかというとこちらの方がみずみずしく、何杯でも飲めてしまうようなドライな口当たり。1杯目はパイニーで少しジメッとした感じもありましたが、こっちは晴れ晴れとしていてスカッとしています。こっちの方が好きです。

□詳しくはこちら:

隣にいたお兄さんに感謝です。

あと、また別のブルワリーですが、「オスカーブルース(OSKEAR BLEUS)」の「デールズペールエール(DALE'S PALE ALE)」も飲みました。

これはアメリカではじめて缶製品化されたクラフトビールのようで、見たこともなかったので試しに飲んで見ましたが、これはこれでおいしかったです。細かい感想などは、また別の記事で書こうと思います。

それにしても、どこで注文しても並々注いでもらえます。注文している側からしたら、ちょっとしたことですが、とても嬉しくなります。

□詳しくはこちら:

他に飲んだビール

他には「LEFT COAST BREWING(レフトコーストブルーイング)」の「The Big Office」というビールを飲みました。

これは、株式会社 LEFT COAST BREWING JAPANという専門の日本代理店がまた別のコーナーで出していたビールです。

□詳しくはこちら:

そしてひときわ行列ができていたのはこのお店。

サウンズブルワリーと、メルビンです。おそらく一番行列ができていたのではないかと思います。飲み比べセットを持っている人が多かったです。今回は、サウンズブルワリーのフムロニンバスを飲んで見ました。

モルティでクラシックな印象のIPAでした。

□詳しくはこちら:

まとめ:行って良かった!

その場では気づきませんでしたが、アメリカンクラフトビールエクスペリエンスを主催している「Brewers Association(ブルワーズ アソシエーション)」という団体。

このブルワーズアソシエーションとは、アメリカのクラフトビール及びホームブルーイングに関わる団体です。あの「ビアスタイルガイドライン」を発表している団体です。ホームブルーイングの父と言われる、「チャーリーパパジアン」が設立しました。

より多くの人にアメリカのクラフトビールを知ってもらおうと毎年開催しているとのこと。正直、オクトーバーフェストと同じくらい楽しかったです。

オクトーバーフェストなんかは1杯1000円〜1500円もして、全国各地で開催されてますが、今回のアメリカのクラフトビールなんかはそれに比べて安いし、いろんな種類のビールも飲むことができます。もっともっと普及して、飲める機会が増えればいいなと思いました。

情報が全くない中で、試しに行って見ましたが、結果、行って良かったです。とても楽しめました。ここ最近、アメリカのクラフトビールにはまってましたが、自分がウェストコーストIPA、特にサンディエゴのブルワリーが造るビールが好きだということがわかりました。

いろんなビールを飲んでいると、だんだん違いや自分の好みもわかってきて、よりビールを楽しめるようになってきた気がします。このイベントは毎年やっているようですので、また来年もぜひいきたいと思います。その時には、一目見たらそのブルワリーがわかるようになっていたいです!

ただ会場がとても狭かったので、来年はもっと広いところでやってほしいです。

今回は以上です。

-ビールイベント

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.