飲んだビール

【オスカーブルース】デールズペールエール|モルトの甘味と渋み、素材の味が心地よい。アメリカで初めて缶になったクラフトビール

更新日:



今回は、オスカーブルース(Oskar Blues)のデールズペールエール(Deal's Pale Ale)を紹介したいと思います。

オスカーブルース

オスカーブルースとは、コロラド州ロングモントにあるブルワリーです。1997年から醸造を開始しています。

コロラド州の州都はデンバーですが、デンバーといえばあの「オンザロード」で主人公のサルがなんども目指した場所です。

□参考:オンザロードについて書いた記事

僕がとても好きな青春小説です。

さてオスカーブルースのビールで特に有名なのが、今回飲んだ「デールズペールエール(Deal's Pale Ale)」です。このビールはなんと、アメリカのクラフトビールで始めて缶になったビールだそうです。

今回は、アメリカンクラフトビールエクスペリエンス2018で飲みました。

他にもスリーウィーバーズやサウンドブルワリー、レフトコーストブルーイングのビールを飲んだので、こちらもぜひご覧ください。

デールズペールエール

今回飲んだのはこちらのビールです。

「アメリカンクラフトビール」って感じのパッケージです。これがアメリカ第一号の缶クラフトビールだそうです。

裏面です。色々書いてありますが、ちょっと英語が得意ではないので、ここでは割愛します。

さてこちらが注いでもらったデールズペールエールです。それにしても、ここのブースの方々は皆、なみなみついでくれます。このコップがちょうど良いサイズなのでしょう。

飲んだ感想

このビールは見ての通り、赤みがかった色合いが特徴です。赤みがかった銅色といったところでしょうか。

香りは麦の香りが強いです。ここまでACBEではIPAしか飲んで来なかったので、この匂いを嗅いでペールエールとIPAの違いをダイレクトに感じました。

飲んでみると、ちょっと変わった味がします。というか、バナナのような味です。ヴァイツェンに近い味がします。

キュッキュッとした麦の味がします。この感じは、ビターエールを飲んだ時によく感じる感覚です。麦感がとてもいい感じです。甘みも程よく、渋みが心地よいです。

モルティだけど濃くはありません。また、シトラス感はあまりないです。

じっくり飲めそうなビールです。苦味はなく、麦の素材の味、渋みを感じます。その渋みがとても心地よいです。

麦が強く、わりと個性が強いので、ビールの味が死ななそうです。どっちつかずなクラフトビールもありますが、これは個性がはっきりしてます。麦のビールです。

繰り返しますが、ほんとに、じっくり、飽きない味です。食べ物があったら最高です。こういったじっくり系のビールには食べ物が欲しくなります。何にでも合いそうな気がします。ポテトでもトルティーヤチップスでもフィッシュ&チップスでもおでんでも何でも合いそうです。

そういった意味では、個が強いクラフトビールではありますが、同時に空気読む系のクラフトビールでもあるのかもしれません。

満足できました。とても美味しかったです。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.