飲んだビール

インドの青鬼|驚愕の苦味と、べっこう飴のような甘味。ドライでハイアルコールな超強烈なIPA(ヤッホーブルーイング)

更新日:



こんにちは。今回は、ヤッホーブルーイングのインドの青鬼を紹介したいと思います。

以前も飲んでこのブログで紹介しましたが、最近はいろんなビールを飲んでアロマの違いを意識するようになったので、もう一度飲んでみて、味の感じ方にどんな違いが出るかを試してみたいと思っています。

アメリカンスタイルIPA

インドの青鬼は「IPA」です。IPAといえばアメリカのブルワリーで盛んに造られています。アメリカのIPAは「アメリカンスタイルIPA」と言う一つのスタイルになっています。

特徴としては、ホップの特徴を最大限に引き出したIPAです。もともとはイギリスで生まれたスタイルで、アルコール度数を高めてホップを通常よりも多く使ったビールのことを言いますが、ホップの品種は多様化し、フルーツや植物、様々なアロマを持ったホップがあります。それらを組み合わせ、ふんだんに使うことで、より「ホップのビール」が特徴づけられたビールと言うことができると思います。

ホップのアロマは知れば知るほど面白いです。少しずつ調べていきたいと思っています。

また、これまでにこのブログで紹介したアメリカンスタイルのIPAはこちらでまとめていますのでご覧ください。

飲んだ「アメリカンスタイルIPA」の一覧はこちら
https://pivoblog.com/tag/americansytle-ipa

ヤッホーブルーイング

そんなアメリカンクラフトビールの流れを汲んで、日本でもいろんなホップを使ったビールが盛んに作られていますが、その先頭を走るのがヤッホーブルーイングです。ヤッホーブルーイングではアメリカンスタイルのビールだけでなく、ベルギースタイルのビールも多く作っている印象ですが、代表作のよなよなエールなんかはアメリカンスタイルです。

ヤッホーブルイーングのビールはこれまで基本的に飲んできています。

飲んだ「ヤッホーブルーイング」のビール
https://pivoblog.com/tag/yahobrewing

そして「インドの青鬼」は、よなよなエールの作るIPAで、クラフトビールファンからも支持を集めています。今回改めてこのインドの青鬼を飲んでの感想を書いていきます。

インドの青鬼

こちらがインドの青鬼のパッケージ。不気味ですね。

注いでみるとこんな感じです。

下から見るとよりわかりますが、濁りはなく、べっこう飴のような色をしています。

香りは甘くて、少しだけトロピカル感があります。

飲んで見ると、トロッとした感じはなく、あっさりとしています。苦い中に、べっこう飴のような甘さがあリます。麦芽の甘みでしょうか。他のIPAに比べて、苦味がすごく際立っています。他のIPAに比べたら、もっとIBUが高いものもありますが、これはとても苦く感じます。

繰り返し飲んでいますが、やはり甘いです。松感や青臭さはなく、柑橘系の味も弱いです。苦味が支配的ではありますが、その中で砂糖のような甘さもあります。べっこう飴に苦味をブレンドした味で、アルコール7%ということでそれなりに気持ち良くなれます。

特徴を簡単に表現すると、ホップが何層もあるような複雑さはなく、シンプルに甘さと苦さを感じるIPAでした。

このブログで紹介したIPA

最後に、今までに飲んだIPAを紹介したいと思います。

□ストーンブルーイング ルイネーションIPA

アメリカ・サンディエゴのクラフトブルワリー「ストーン」のIPAです。ストーンのIPAは甘みが強く、飲みやすいのが特徴です。ホップの魅力を存分に堪能できると思います。

□志賀高原ビール IPA

こちらもホップを効かせたIPAです。IPAの中ではかなり上位で好きです。近年「ニューイングランド」や「ヘイジー」といった濁ったIPAが流行っていますが、このIPAはとてもクリーンで最高に美味いです。ぜひ一度は飲んでいただきたいビールです。

□うちゅうブルーイング 宇宙IPA

うちゅうブルーイングのフラッグシップビール「宇宙IPA」です。ニューイングランドIPAというスタイルで、白く濁っているのが特徴です。口当たりがソフトで、果肉系フルーツのようなトロッとした飲み口が特徴です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.