飲んだビール

【サウンドブルワリー】フムロニンバス|トロピカルなホップとフルボディな麦芽をダブルでストレートに感じられるガツガツ系IPA

投稿日:



今回は、アメリカ「サウンドブルワリー」の「フムロニンバス」を紹介したいと思います。American Craft Beer Experience 2018で飲んだビールです。

サウンドブルワリー

サウンドブルワリーはワシントン州ポールスボーにある醸造所です。

西海岸の北側、ノースウェストに位置します。ワシントン州はホップの名産地としても有名です。

ジャパンビアタイムスの記事に、サウンドブルワリーの紹介がありましたので、ここで引用させていただきます。ノースウェストのビールの特徴について、サウンドブルワリーの創業者マーク・フッドが語っています。

ウェストコーストの人々と同様に、ノースウェストの人たちも概してホップが強く効いているビールを好むと思いますが、ノースウェストスタイルは圧倒的な苦みではなく、バランスを重視すると思います。バランスと微妙なニュアンスがこのスタイルのビールにおいては重要なのです。また、よりアルコール度数が高いビールを好む傾向もあるようです。寒冷な気候も大いに関係しているのでしょう。
引用:http://japanbeertimes.com/2015/10/sound-brewery/?mode=ja

ウェストコーストIPAはホップを効かせたドライなビールですが、ノースウェストはよりバランスを重視すると言います。

今回紹介するのは「フムロニンバス」というIPAですが、飲んでからこの記事を読んで、なるほど!と思わされました。

フムロニンバス

さて今回飲んだのは先ほども書いた通り、「フムロニンバス」というIPAです。

サウンドが誇る伝説のダブルIPA これを飲まないなんてありえない」と書かれています。これは飲まないわけにはいきません。

ところでこのサウンドブルワリーと隣のメルビンにはひときわ行列ができていました。行列の最後尾に並び、順番を待ちます。この感じが、ビアフェスっぽくてとても良いです。

いよいよフムロニンバスを注文です。落ち着いた場所を探していざ飲みます。こちらがフムロニンバスです。

泡なしスタイルです。色合いは銅色。トロピカルとシトラスのいい香りです。トロピカルの方が感じます。草っぽさはありません。

飲んでみると、味はトロピカルが強いです。まろやかでとろりとしています。そしてこのビールで特徴的なのが、トロピカル感のあとに麦芽の味が結構強いことです。

おお、くるくる!と行った感じです。フルボディで麦芽の味がかなりしっかりとしています。

最近ドライなウェストコーストばかり飲んでいたので、これもそのノリで飲んだらこれは少し面食らいました。

アルコール感もすごいです。アルコールもボディも風味もストレートで、ガツガツした感じです。苦味もそこそこあります。

日本のIPAでいうと、志賀高原IPAのようなタイプだと思います。

上でジャパンビアタイムスの記事を引用しましたが、「ノースウェストスタイルは圧倒的な苦みではなく、バランスを重視すると思います」という言葉通り、ウェストコーストのIPAとは一味違った味わいです。

これはこれで美味いですが、個人的にはウェストコーストが好きだと認識できました。そんな気づきが得られたビールでした。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.