飲んだビール

【レフトコースト】TheBigOffice(ザ ビッグオフィス)|柿のような特徴的な香味を持ったDouble IPA

更新日:



こんにちは。今回は、「LEFT COAST BREWING(レフトコーストブルーイング)」の「The Big Office Double IPA(ザ ビッグオフィス ダブルIPA)」を紹介したいと思います。

LEFT COAST BREWING(レフトコーストブルーイング)

レフトコーストブルーイングとは、カリフォルニア州サンクレメンテにあるブルワリーです。

"レフトコースト"ということで、まさしく西海岸にあるブルワリーです。

今回、American Craft Beer Experience 2018で飲みましたが、LEFT COAST BREWING JAPANという日本の代理店が出店していました。

2017年10月より、全国へネット販売、卸売販売を開始する事になったようです。神奈川県の藤沢市にある「TIMMY’S CAFE」では、テイスティングルームとしての運営も行なっているとのことです。

The Big Office Double IPA

さてレフトコーストブルーイングのブースでは2つのビールを販売していました。

1杯目はサウンドブルワリーのフムロニンバスで、なかなかのフルボディだったので、ゴリゴリの西海岸系が飲みたいと思い、このレフトコーストにたどり着きました。今回はビッグオフィスを注文。

缶のデザインがビーチの夕暮れです。哀愁が漂っています。

ビールも少しオレンジがかった色をしています。少し濁っているようにも見えます。

香りはちょっと変わった匂いです。初めて嗅ぐ香りです。ベルジャンホワイトに近い、ハーバルな香りです。マンゴーに、草っぽいのが混じってるのでしょうか、、松っぽさもあります。この複雑さがいかにもアメリカンスタイルIPAです

香りがとにかく気になったので調べてみると、「柿」という表現があってピンときました。それだ!と思いました。これは柿の匂いです。硬い柿とマンゴーと草を混ぜた感じです。

飲んだ感じも匂いと同じく変わった香味があって、柿っぽいところがあります。後味に松のような感じもあります。

西海岸のブルワリーですが、"ビーチ"というより、ロケーション的には"都会的"なイメージを持ちました。柿っぽさがビーチっぽくなくて、トロピカルな香りもありますがハーバルな雰囲気が都会的な印象です。

今思うと、「オフィス」なので、都会ですね。

使用しているホップ

公式ホームページによると、HBC 342、シムコー、そしてマウントフッド(Mt. Hood)の3種類のホップをドライホッピングしているようです。

シムコーは定番中の定番ホップですが、HBC 342とマウントフッドは初めて見ました。

HBC 342はメロンに似たフルーティさ、トロピカルなアロマが特徴のようです。マウントフッドは、花、辛味、スパイスといったアロマでちょっと変わっています。これがTheBigOfficeの特徴的な、柿のような、ハーバルな香味を生んでいたのかもしれません。完全な妄想ですが、このあたりで今回は締めたいと思います。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.