飲んだビール

甲斐ドラフトビール ヘレス|無濾過のマイルドな口当たり、甘みがあって飲みやすいラガービール

投稿日:



今回は、甲斐ドラフトビールのヘレスを紹介したいと思います。

このビールは、ビアフェス東京2019で飲んだビールです。

甲斐ドラフトビール

甲斐ドラフトビールは山梨県の勝沼にあるブルワリーです。

公式サイト:
http://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/beernet/map/chubu/kai.html

勝沼といえばワインが有名ですが、クラフトビールを造っている場所があるとは知りませんでした。公式サイトによると、造っているビールはヘレス、ピルスナー、デュンケルと、渋いラインナップです。ヘレスとピルスナーを造り分けているところがとても渋いです。

最近できたブルワリーは基本的にIPAですが、このブルワリーはドイツの伝統的なスタイルへのこだわりを感じます。

ヘレス

今回飲んだのは「ヘレス」というビールです。

ミュンヘンでつくられる苦味の少ない下面発酵ビール。軽く麦芽風味を感じられるのが特徴です。"へレス"はドイツ語で「淡い」の意。その名の通り色合いは淡く黄金色で、チェコのビルスナーに対抗してつくられたといわれています。
引用:日本ビール検定公式テキスト

ドイツ・ミュンヘンでは、もともとラガーというと黒く褐色したビールのことを指したそうです。しかし、チェコのピルゼンで、淡色のラガーが開発され、瞬く間に人気を獲得しました。そこで、このチェコのピルスナーに対抗して造られたのが、ヘレスというわけです。

ヘレスは苦味が抑えられ、甘みの方が強いです。しかし甘ったるい感じではなく、軽やかです。ドイツで飲んだ事がありますが、とても飲みやすいと感じました。ドイツで初めて飲んだのがヘレスだったので、ドイツのビールは飲み易いととても印象に残っています。

あえて酵母をろ過しないことにより、濁った状態で提供しているとのことです。新鮮でないとできない提供の仕方です。

こちらがヘレスです。確かに濁りを感じます。

少し酸味も感じますが、苦味よりも甘みがより強く感じられます。また酵母が残っているせいか、マイルドな口当たりでとても飲みやすいです。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.