飲んだビール

【バラストポイント】ファゾムIPA|モルトとホップ、程よい苦味のバランスに優れた、深みのあるウェストコーストIPA

投稿日:



こんにちは。今回は、バラストポイント(Ballast Point)のファゾムIPA(Fathom IPA)を紹介したいと思います。

バラストポイント

今回飲んだファゾムIPAは、バラストポイントというブルワリーの造っているビールです。バラストポイントはアメリカのサンディエゴにあるブルワリーです。アメリカのクラフトビールといえば西海岸ですが、その中でもサンディエゴはまさに"クラフトビールの聖地"とも言われるほど、有名なブルワリーが多いです。

そんなザンディエゴのブルワリーの中でも、バラストポイントはとても有名なブルワリーです。世界各国にビールを輸出しており、もちろん日本でもよく見かけます。ビアバーや、近所の酒屋さんなんかでもよく見かけます。

今までにも、何種類か飲んだことがあります。

□バラストポイント:
https://pivoblog.com/tag/ballast-point

ファゾムIPA

ファゾムIPAはいわゆる「ウェストコーストIPA」と呼ばれる西海岸系のIPAです。アメリカンスタイルでホップを大量に使っていて、ドライなものが多く、よりホップの特徴が際立ちます。

ロゴは、航海機器の「六分儀」が描かれています。ファゾムIPAのパッケージは爽やかな淡いブルー。

これは缶の裏側です。何かはよくわかりませんが海の中で空気を吐いているようです。

原材料は麦芽とホップのみ。輸入者は株式会社ウィスク・イーです。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていきます。

注ぐとこんな感じです。色合いは少し暗め。銅褐色くらいな感じです。泡立ちはとてもいいです。

香りは松っぽさもありつつ、ライチのようなトロピカルな香りがします。とてもいい匂いです。アメリカンスタイルIPAといえば、まさにこの匂いです。

飲んだ感じは割とモルティです。ダンクな松感もあります。苦味は割としっかりとしていますが、しかしバランスが良いです。モルティな分、マイルドな味になっていると思います。

トロピカルな香味はモルティさ、松に押されて、少し影を潜めています。香りは軽やかですが、飲むと深みを感じるビールです。

ビールの奥に眠るモルト・ホップの深みを感じます。苦味も適度にあって重厚感があります。爽やかな南の島の波のようなウェストコーストというよりは、「少し薄暗い海の底のようなビール」という印象のビールでした。

また、モルティなためバランスに優れ、全く飲み飽きません。とても美味しかったです。

今回は以上です。



-飲んだビール
-, , , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.