飲んだビール 札幌旅行記

【鬼伝説】New地獄谷IPA|口に染み込むジューシーさ。甘みは強いがバランスよくドライで美味しいニューイングランドIPA(NE-IPA)

更新日:



こんにちは。今回は、鬼伝説のNew地獄谷IPAを紹介したいと思います。飲んだのは札幌にある「月と太陽ブルーイング」です。

鬼伝説

鬼伝説とは、「わかさいも本舗」という北海道・登別(洞爺湖)にある銘菓「わかさいも」を作っている会社で造られるビールです。

鬼伝説はホップをリスペクトしたビールつくりが盛んで、いろんな種類のホップを使ったビールつくりをしています。

なので日本のクラフトビール業界においては貴重な存在のブルワリーです。

このビールが飲みたくて札幌のどこかに置いていないかをネットで探して見ましたが、売っているところはとても限られています。

瓶ビールに関しては、この旅行中で札幌駅にあるわかさいも本舗でしか見ることができませんでした。

それくらい貴重なビールということです。

New地獄谷IPAはワイングラスでの提供

さてここからは、New地獄谷IPAを紹介していこうと思います。

ご覧の通り、このビールだけはワイングラスでの提供になるとのことでした。また、値段もこれが少しだけ高いです。

確かにこの手の香りがとても良いビールについては、ワイングラスのような口が開いたグラスを使いたくなりますが、そこはシュピゲラウのチューチップグラスを使って飲みたいところです。

さて、このビールですが、ニューイングランドIPAというスタイルのビールです。

ニューイングランドIPAとは、このビールのようにとても濁ったオレンジ色をしているものがそれです。

このビールもなかなかの濁りっぷりです。

これがビールとは思えないような色合いをしています。この角度から見ると、とても美味しそうでいい匂いが漂ってくるかのようです。そして泡なしです。

飲んだ感想

ここからは、飲んだ感想を書いていこうと思います。

まず香りですが、甘くて凄くいい匂いがします。マスカット系。そこにグレープフルーツのシトラス系の香りもいます。松感はありません。ストレートにフルーティです。もっさりした感じはありません。新鮮な香りです。

飲んだ感じは、とりあえず甘いというのが一番先に来ます。甘くてグレープフルーツのような柑橘系の香味もあります。トロッとした感じはなく、ドライです。苦味はあまり感じません。これはバランスがいい証拠でしょうか。

トータルでまとめると、まとまって調和した味わいがとても心地よく。後味も良いです。舌に馴染むように染み込んできます。。そして鼻から抜けるアルコール感もあります。とても芳醇な味わいでした。

美味しかったです。今回は以上です。

札幌旅行記の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/traveling/sapporotrip

-飲んだビール, 札幌旅行記
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.