飲んだビール

【主水】スコティッシュビター|炭酸ほぼなし!麦の渋みが味わえる、ジェントルマンな"麦の飲み物"

投稿日:



今回は、ブリューインバー 主水 -銀座醸造所- で飲んだ、「スコティッシュビター」を紹介していこうと思います。

主水

主水とは、銀座にある醸造所です。今回は、「NANO BEER FES' 2018 Autumn」と言うイベントが開催されていたので、行ってみることにしました。

ここまで飲んだのは、アメリカンIPAのBrutIPAとニューイングランドIPA、それにベルギースタイルのブルーベリーハニーセゾン。最後に注文したのは、「スコティッシュビター」です。ビターといえば、エールの本場英国のパブで一般的に飲まれているビールです。

ビター

ビターは個人的にはとても好きなビールで、見つけるたびに飲むようにしています。特に、浅草のカンピオンエールのビターがとても美味しいです。

□カンピオンエール

これは初期に書いた記事ですが、未だにこのビターの味は忘れられません。これ以来いろんなビターエールを飲んできました。ビターの、麦のこもった感じというか、ジェントルマンな味わい深さがとても好きです。

ビターは、炭酸少なめ、温度もぬるめで飲むのがイングリッシュスタイルのようです。ゆっくりパブで嗜むビール。ドイツのオクトーバーフェストなんかとは正反対です。

主水のスコティッシュビター

それでは、主水で飲んだスコティッシュビターを紹介していきます。

このビールは、リアルエールということで、専用の別の受け取り口がありました。

こちらがスコティッシュビター

泡がありません。こうしてみると、ビールには到底見えません。

飲んでみた感想としては、真っ先に思うのは、炭酸がほとんどありません。炭酸少なめと言えど、炭酸がここまでないビールは初めて飲みました。

肝心の味ですが、これはイングリッシュビターの味がします。こもったような、少し渋みのある麦の味です。この渋みがとても良い味を出しています。ビールというよりも、"麦の飲み物"みたいな感じです。

後半は、炭酸が0でした。上から覗くとこんな感じ。

もはやこれは麦茶ですね。これは素晴らしいと思いました。リアルエールとして、やりきった感があります。

今回は、イベントで立ち飲み形式でしたが、できれば座って涼しいところでじっくり飲みたかったです。ゆっくり飲みたいジェントルマンなビールです。

店舗情報

営業時間:
14:00-23:30

休日:
日曜・祝日

アクセス:
メトロ銀座線 新橋駅から徒歩3分
JR新橋駅から6分

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.