ブルワリー・ビアバー紹介 飲んだビール

【浅草】【カンピオンエール】本場のエールビールが味わえるお店

更新日:



こんにちは。今回は浅草のブルワリー、カンピオンエールについてご紹介します。

カンピオンエールとは

どんなお店?

カンピオンエールとは、浅草にあるブルワリーです。

イギリス人のジェームス・ ウィリアムスさんが代表を務めており、店内はイギリスの国旗が吊るされていたりと、イングリッシュな雰囲気のブルワリーです。また大きなテレビがあるので、スポーツなんかが流れたりすると盛り上がりそうです。

注文はカウンターでのみ、注文したらその場で会計してしまうスタイルでした。こういうスタイルは会計に時間がかからず楽で良いですね。

出来立てのビールが味わえる!

カウンターのすぐ奥にはビールの樽が並んでいます。さらにその隣で仕込みをしている様子を見ることもできます。

どんなビールがあるの?

イギリス発祥のエールビール

出しているのはイングリッシュスタイルのビールで、今日は、ビター、ポーター、アンバー、フェスティバルビールでした。常時4種類は出しているようです。その日に飲めるビールはカンピオンエールのTwitterアカウントや公式サイトで確認することができます。

今日飲んだのは以下の3種類です。

ビター

続いてアンバー

続いてポーター。今日はサーバーがハンドポンプの組み上げ式でした。イギリスの伝統的な方法のようです。

料理はフィッシュ&チップスを注文しました。エールにはやっぱりこれが合います。

ご存知の通り、エールの発祥はイギリスです。エールと言えば、日本を代表するクラフトビールであるよなよなエールが有名です。よなよなエールはとても美味しくて好きなビールのひとつですが、カンピオンエールのエールビールは日本で売られているエール系のビールとはひと味違います!

カンピオンエールのビールが他のビールと違うところ

最初にカンピオンエールで"ビター"を飲んだときに、エールのイメージが変わりました。

ビターとは、イギリスのパブで一般的に飲まれているエールビールです。バートン・オン・トレントのペールエールと区別される形で「ビター」と呼ばれています。

カンピオンエールで初めてビターを飲みましたが、麦芽の穀物感を強く感じるビールでした。

僕がカンピオンエールのビールが他のビールと違うと思うところは、素材をしっかりと感じることができるところです。

また、カンピオンエールでは、英国産モルトやホップの味わいを感じられるよう、冷やしすぎず、炭酸弱めにしているようです。これが伝統的なイギリスのスタイルのようです。イギリスのビール文化については以下のコリン・ジョイスさんの「イギリスビールの伝統に酔いしれた日」というコラムが参考になりますので、引用させていただきます。

まず、イギリスビールは外国人から「ぬるくて気が抜けている」と批判されることがある。実はそれこそがイギリスビールの素晴らしさなのだ。
引用:https://www.newsweekjapan.jp/joyce/2011/09/post-48.php
貯蔵庫の温度(注・通常の室温ではない)で提供されるからこそ、その風味を十分に楽しめる。本来は赤ワインを冷やし過ぎて飲むものではないのと同じように、また生ぬるくなった紅茶を飲んではいけないように、「リアルエール」はキンキンに冷やして飲んではいけない。
引用:https://www.newsweekjapan.jp/joyce/2011/09/post-48.php
それと「気が抜けている」という点についてだが、確かにイギリスビールは人工的に炭酸加工されていない。日本で人気のシューシュー泡立つラガーは爽やかだが、膨満感や胃もたれの原因になる。イギリスビールの炭酸は、醸造過程で生まれる自然な微炭酸だ。
引用:https://www.newsweekjapan.jp/joyce/2011/09/post-48.php

"少しぬる目で微炭酸"というのがイングリッシュスタイルなのですね。ビールにはその土地に根付いた飲み方や文化があって、こういったこだわりの存在もビールの魅力の一つだと思っています。

さいごに

カンピオンエールでは、本場イギリスのビールが味わうことができます。これまでドイツやチェコのビールは現地で体験して、その素晴らしさを感じてきましたが、カンピオンエールに行ったことでイギリスのビール文化にもとても興味を持ちました。いつか、イギリスで現地のビールを飲んで見たいです。

イギリスで造られたエールの瓶ビールは日本でも発売されています。

こちらは世界最古の商標登録として有名な「バス ペールエール」です。この機会にぜひ試してみてください。

日本を代表するペールエール「よなよなエール」についても別の記事で紹介しています。

よろしければご覧ください。

飲んだビターの一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/bitter
行ったブルワリー・ビアバーの一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/beer/brewery

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

今回は以上です。

店舗情報・アクセス

営業時間:
火~金: 17:00 ~ 23:30
土日祝日 12:00 ~ 23:30
定休日: 月曜日
(祝日の場合は翌日の火が休み)
Last Order 23:00

アクセス:

カンピオンエール ホームページ:
http://www.campionale.com



-ブルワリー・ビアバー紹介, 飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.