飲んだビール

【プランク醸造所】ヘラー・ボック(マイボック)|強烈なモルトの甘味が味わえるビール

更新日:



こんにちは。今回は、ドイツ・プランク醸造所の「ヘラー・ボック(Heller Bock)」を紹介します。

400年の歴史を持つ小規模醸造所:ドイツ・プランク醸造所

プランク醸造所は、ドイツ・バイエルン地方にある小規模醸造所です。

その歴史は古く、なんと約400年前の1617年に設立されたそうです。

ホフブロイが1589年、パウラーナーが1634年設立なので、ちょうどその同じような時期です。

ドイツ・バイエルン州中部レーゲンスブルグ地区にある、人口約5000人のLaaberという村(ミュンヘンから北に140キロほど離れた場所)で約400年前の1617年、Michael Plank(ミヒャエル・プランク)醸造所として設立されました。
現在に至るまで14代にわたって家族経営を続けている伝統の小規模醸造所です。
引用:https://www.jbja.jp/archives/2079

2012年から、インポーターの「KOBATSUトレーディング」により、日本でも飲めるようになったようです。

今回僕が飲んだのは、大江戸ビール祭り2018秋で、KOBATSUトレーディングさんによる出店です。

ボックとは

さて今回飲んだ「ヘラー・ボック」は、「ボック」というスタイルのビールです。

ボックとは、ドイツ北部の「アインベック」発祥のビールです。

アインベックのボックビールがバイエルン地方に伝わり、造られるようになったようです。

アルコール度数が高いことが特徴です。「ボック」の名前の由来にも関係しています。

"ボック"の名の由来は、アインベックの町の名前からという説や、飲んだ人が若い雄山羊(ボック)のように元気になるからという説があります。
引用:日本ビール検定公式テキスト

プランク醸造所・ヘラーボック(Heller Bock)

さて前置きが長くなりましたが、プランク醸造所のヘラーボック(Heller Bock)について紹介して行きます。

ボックは日本のブルワリーでもあまり聞きません。

16代世襲の家族経営醸造所とのことです。気が遠くなる数字ですね。。。

こちらがボックです。

淡い色をしています。ピルスナーのような黄金色です。

お店の方が、「すごくモルティだよ!」と言っていましたが、まず渡された瞬間にモルトの甘い良い香りがしました。

飲んでみると、甘味を強く感じます

これはモルトというか、上面発酵させたような、華やかでフルーティな香りが鼻から抜けて行きます。

メルツェンやウィンナービールに近いような、香ばしい甘味も含んでいます。

後味は少し重めで、アルコールも強く、デラックスビールと言った感じです。

アルコール度数は6.8%と高く、カーッときました

さすが雄山羊ボックです。

甘味の強い、ドイツらしいビールという感じです。

一度飲んでおいて損はないと思います。機会があればぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.