ブルワリー・ビアバー紹介

【ビールの文化が根付いた街・横浜】「驛の食卓」は出来立ての横浜ビールが楽しめるお店

更新日:



こんにちは。今回は、横浜にあるブルワリー「横浜ビール」について紹介します。

「横浜」はビールの文化が根付いた土地

横浜ビールとは、その名の通り横浜にあるブルワリーです。

横浜にはいろんなブルワリーがありますが、その中でも名前に「横浜」の冠をそのままストレートにもつブルワリーということで、由緒ただしき何かを感じます。

横浜といえば、日本で初めてのビールの醸造所ができた地でもあります。

1869年(明治2年)、ローゼンフェルトという居留外国人が「ジャパン・ブルワリー」を開業しました。

日本のビール醸造は横浜から始まったのです。

その当時、アメリカ人のウィリアム・コープランドが開業した「スプリング・バレー・ブルワリー」は、後の麒麟麦酒となります。

そして、今では多くのブルワリーが存在しています。「横浜」は、「ビールを醸造する」という文化が根付いた土地なのかもしれません。

横浜ビールについて(醸造しているビールの種類)

そんな横浜ビールでは、いろんなスタイルのビールをつくっています。

以下に、横浜ビールのホームページより、「横浜ブルワリー」についての紹介を引用させていただきます。

ビールを様々なスタイルやジャンル形態にカテゴライズする事は出来る
だが・・・ビールとは本来、正解やきまりきったスタイルはないのではないか?
大切な事は「ビールを愉しむこと」
飲む人によってビールの感じ方、愉しみ方が違うのは当然のこと
人それぞれ自由なスタイルを持つべきである。
そして造り手もその時の気持ちや閃きひとつで飲みたいビール・造りたいビールは変化する
人が誰しも気持ちや感情を言葉や体で表現するように
その時の思いを僕たちは造り手としてビールで表現出来たら素敵だと思う。
きっとそれは難しいこと
だからこそビールはおもしろい、だからこそビールが好きだ。
そして・・・これからもビールを愉しむ。
それが横浜ビールスタイル

引用:http://www.yokohamabeer.com/about_us.html

このブログではいろんなスタイルのビールを紹介していて、それぞれのスタイルにある文化的、歴史的な背景を理解した上で、ビールの味を楽しみたいということをある種のテーマとしています。

ビールのスタイルの幅広さゆえに生まれる楽しさだと思っていますが、「人それぞれ愉しみ方、自由なスタイルでビールを愉しもう」というのが「横浜ビールスタイル」のようです。

横浜ビールスタイルにある通り、横浜ビールでは幅広いスタイルのビールを醸造しています。

  • ピルスナー(ボヘミアスタイルピルスナー)
  • アルト(デュッセルドルフスタイルアルト)
  • ヴァイツェン(南ドイツスタイルヘーフェヴァイツェン)
  • ペールエール(アメリカンスタイルペールエール)
  • 横浜ラガー(インディアンペールラガー)
  • 道志の湧水仕込(ケルシュスタイル)
  • 瀬谷の小麦ビール(アメリカンウィートエール)

以上がホームページで紹介されていたレギュラービールの顔ぶれです。

横浜ビール 6銘柄 飲み比べ6本セット
横浜ビール
¥ 3,980
横浜ビール醸造所 直売部

注目は、何と言っても「ピルスナー」です。ボヘミアスタイルピルスナーということで、本場チェコのピルスナーです。

横浜ビールでは、「横浜ベイブルーイング」の鈴木真也さんがもともと醸造長をやられていたようで、その当時、チェコに修行へ行き、本場のボヘミアンスタイルのピルスナーの造り方を学んできたようです。

まさに本物のピルスナーと言えるでしょう。

このブログでは、チェコで飲んだビールについても書いているので、よろしければご覧ください。

チェコに関するビールの一覧はこちら:
「チェコ」のビール一覧

また、チェコでは鈴木真也さんの「プラハビアマップ」という地図を見ながらブルワリーを回りましたが、鈴木真也さんが初めて修行されたという「ストラホフ修道院」にも行ってきましたので、それもいつかこのブログで紹介したいと思います。

驛(うまや)の食卓について

さて、それではここからは横浜ビールで出しているビールの紹介をしていこうと思います。

こちらは出来立ての横浜ビールが飲めるお店、「驛の食卓」のエントランスです。

1階は醸造所になっています。

ちょっとこの写真では見づらいと思いますが、後ろには醸造の設備がありました。

飲んだビールの紹介(ピルスナー/アルト/ヴァイツェン/ケルシュスタイル)

長くなってしまいそうなので、飲んだビールの紹介は別の記事でしていこうと思います。

・ピルスナー:

・アルト:

・ヴァイツェン:

・道志の湧水仕込(ケルシュスタイル):

まとめ:横浜には、Yokohamaのビールが在る。

今回は、横浜ビールについて紹介しました。

横浜は、日本初の醸造所が生まれた場所であり、日本のクラフトビール文化が始まった場所と言っても過言ではないでしょう。

そんなビールの文化が根付いた土地である横浜にある、横浜のブルワリーが「横浜ビール」です。

横浜ビールのホームページでは、「横浜にはYokohamaのビールが在る。」というキャッチフレーズが真っ先に出てきます。

外部リンク:
横浜ビール|横浜にはYokohamaのビールが在る。

軽井沢でも感じたことですが、ブルワリーはその土地をとても大切にしている傾向があるように感じます。

街全体でビール文化を盛り上げていこうと言った熱を感じます。

横浜ビールも同様に、横浜をとても大切にしているブルワリーだと感じました。

軽井沢については、また別の記事を書いているのでよろしければご覧ください。

飲んだ「軽井沢のクラフトビール」一覧:
「軽井沢のクラフトビール」 一覧

横浜、軽井沢、、、ビールに熱いとても素敵な土地です。土地ごとにまとめて行くのも面白いかもしれません。いつかやってみたいです。

ビールの記事を書いていると、ビールがとても飲みたくなります。。。。

それではビールを飲みたいと思いますので、この辺りで終わりにしたいと思います。

行ったブルワリー・ビアバーの一覧はこちら:
「ブルワリー・ビアバー」一覧
飲んだ横浜ビールの一覧はこちら:
「横浜ビール」一覧

「驛の食卓」情報

営業時間:
平日(月曜日~金曜日)
昼の部:11:30~15:00
夜の部:18:00~23:00
(お食事ラストオーダー22:00 お飲み物ラストオーダー22:30)

土曜日:11:30~23:00
(お食事ラストオーダー22:00 お飲み物ラストオーダー22:30)

日曜・祝日:11:30~21:00
(お食事ラストオーダー20:00 お飲み物ラストオーダー20:30)

-ブルワリー・ビアバー紹介
-

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.