飲んだビール

【横浜ビール】軽やかなバナナの香味が特徴的なヴァイツェン(南ドイツスタイルヘーフェヴァイツェン)

更新日:



こんにちは。今回は、横浜ビールの「ヴァイツェン」について紹介したいと思います。

横浜ビールについて

今回紹介する「ヴァイツェン」は、横浜ビールで醸造しているビールです。

横浜ビールとは、横浜にあるブルワリーです。

このブログでも紹介していますので、よろしければご覧ください。

今回飲んだヴァイツェンも、「驛の食卓」で飲んだヴァイツェンです。

ヴァイツェンについて

ヴァイツェンとは、小麦麦芽を50%以上使用してつくられる、上面発酵のビールです。

ドイツのバイエルン地方で発展したビールです。

小麦の酸味と、上面発酵酵母由来のフルーティーな味わいが特徴のビールです。フルーティと言っても柑橘系ではなく、バナナやクローブの香りがします。

数年前にドイツのフランクフルト〜ミュンヘンまで旅行した際、ビールを飲みに行くと大抵のお店にはヴァイツェンがありました。ドイツではヴァイツェンはとても一般的で人気なビールのようです。

1516年、ドイツのバイエルン地方では、「ビールは、麦芽、ホップ、水のみから造るべし」という「ビール純粋令」が出されます。しかし、ヴァイツェンだけは例外として、小麦を使うことを許されました。

ちなみに、透明なヴァイツェンをクリスタルヴァイツェン、酵母が残って濁っているものをヘーフェヴァイツェンといいます。

横浜ビールの「ヴァイツェン」

さてここからは横浜ビールのヴァイツェンを紹介します。

フルーティーでソフトな白!
南ドイツスタイルヘーフェヴァイツェン。小麦麦芽を使用した、バナナのような香りが楽しめるフルーティーな白ビール。苦味がほとんどなく、普段ビールを飲まない方からの人気も高い。
国際ビール大賞金賞受賞!

ヴァイツェンは「南ドイツスタイル」とのことです。上の章でも紹介したように、ヴァイツェンはドイツ南部のバイエルン地方発祥のビールですので、本場を意識したヴァイツェンということだと思います。

また、横浜ビールの他のビールもそうですが、主要な大抵のビールが国際ビール大賞(インターナショナル・ビアカップ)で金賞を受賞しています。このヴァイツェンは、2017年に金賞を受賞しているようです。また、2012年のジャパンアジアビアカップ、2013年・2015年のアジアビアカップでも金賞を受賞しており、多くのコンテストで評価されているヴァイツェンです。

飲んだ感想

ご覧の通り、色は淡色です。

飲んでみた感想としては、このヴァイツェンはバナナの香り・味が強いヴァイツェンでした。

また説明にもある通り、苦味がなく、とても飲みやすかったです。

一言でいうと、バナナの香味が強めのヴァイツェンでした。

ヴァイツェンについては、これまでもこのブログで紹介していますので、よろしければご覧ください。

飲んだ「ヴァイツェン」の一覧はこちら:「ヴァイツェン」の一覧

まとめ

今回は、横浜ビールのヴァイツェンを紹介しました。

バナナの香味が特徴的で、軽くてとても飲みやすいヴァイツェンです。

横浜ビールはいろんなビールが飲めて楽しいです。横浜ビールの幅広さを改めて感じました。

今回は以上です。

横浜ビール ヴァイツェン 330ml (6本セット)
横浜ビール
¥ 3,880
横浜ビール醸造所 直売部
横浜ビール 6銘柄 飲み比べ6本セット
横浜ビール
¥ 3,980
横浜ビール醸造所 直売部
飲んだ横浜ビールの一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/yokohamabeer

「驛の食卓」について

営業時間:
平日(月曜日~金曜日)
昼の部:11:30~15:00
夜の部:18:00~23:00
(お食事ラストオーダー22:00 お飲み物ラストオーダー22:30)

土曜日:11:30~23:00
(お食事ラストオーダー22:00 お飲み物ラストオーダー22:30)

日曜・祝日:11:30~21:00
(お食事ラストオーダー20:00 お飲み物ラストオーダー20:30)

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.