飲んだビール

スプリングバレーブルワリー アフターダーク|コク深い甘味とそこそこの苦味のバランスのとれた黒ビール

更新日:



今回は、スプリングバレーブルワリーのアフターダークというビールを紹介したいと思います。

SPRING VALLEY BREWERY

SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)は、キリンビールの社内ベンチャーから生まれたクラフトブルワリーです。

スプリングバレーブルワリーというのは、1870年に日本初の醸造所として横浜に誕生したブルワリーの名前です。

実は"キリン"のクラフトビール

キリンビールのクラフトビールであるということはあまり知られていないのではないかと思います。正直、このブログ記事を書くまでは僕自身も知りませんでした。

言われてみれば、キリンビールの横浜工場見学に行った時、スプリングバレーブルワリーがすぐ近くにあったり、日本初のブルワリーである「スプリングバレーブルワリー」の紹介がされていたりしていました。

今は横浜と代官山、そして京都に醸造所があるようです。代官山の店舗は前を何回か通ったことがありますが、とてもオシャレなお店です。

最近よくいろんなお店で「タップ・マルシェ」というものを見かけますが、これもキリンが提供しているようです。これのおかげで、クラフトビールがとても身近に感じられるようになりました。ラインナップは日本の「ザ・クラフトビール」という感じです。

今回は、「アジアンビストロDai 二子玉川」というお店で飲んだスプリングバレーブルワリーのアフターダークというビールを紹介します。

アフターダーク

それではアフターダークを紹介していきます。

スプリングバレーブルワリーが切り開く、これまでの黒ビールとは一線を画す異次元の濃色ビール。ロースト感や渋みを抑え、柔らかな甘味と上質な苦味を引き出すことで、味のふくよかさと飲みやすさを兼ね備えました。質の良い苦味と豊かな味わいが、食事の味をさらに引き立てます。
https://www.springvalleybrewery.jp/beer/beer_afterdark.html

"ラテのような香りと、ふくよかな飲み口"という表現もありましたが、甘みの強い黒ビールのようです。お店のメニューにはダークラガーとありましたので、サントリーやサッポロなどが出している黒ビールと同じ"シュバルツ"というスタイルです。

黒ビールの種類についてはこちらの記事でまとめました。

シュバルツで一番有名なのが、"ゲーテの愛した黒ビール"として有名な「ケストリッツァー」のシュバルツです。

このビールは黒砂糖のようなコク深い甘味があって、苦味もなくとにかく飲みやすいです。日本の大手会社が造る黒ビールも、ケストリッツァーに負けないくらい美味しいと思っています。日本のラガータイプのビールは本当に美味しいですが、特に黒ビールはレベルがとても高いです。

黒ビールでクラフトビールといえば、スタウトを造るブルワリーが多いと思いますが、スプリングバレーブルワリーでは大手と同じシュバルツを造っているところにこだわりを感じます。

飲んだ感想

こちらがアフターダークです。

香りは黒砂糖のような深みのある甘みが感じられます。

口当たりはソフトで、飲んだ瞬間にコク深さを感じます。後味には、苦味もそこそこ感じられます。

ケストリッツァーのシュバルツほど黒糖感はありませんが、それでも甘みはあります。ケストリッツァーよりも苦味があって、バランスをとっているように感じました。

コク深い甘味とそこそこの苦味が印象的な黒ビールでした。今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.