飲んだビール

オラホビール アンバーエール|モルトの甘く香ばしいフレイバーが、ほどよい苦味と絶妙なバランスなアンバーエール

投稿日:



今回は、「オラホビール OH!LA!HO BEER」のアンバーエールを飲んだので、感想などを書いていこうと思います。

オラホビール

オラホビールは、長野県東御市にあるブルワリーです。

コンセプトは「“グラスの中の幸せ”を考えるブルワリー」とのこと。幸せなひと時を提供したいという思いが込められているそうです。

2019年3月までは、東御市に直営のレストランがあり、できたてのビールを飲むことができたようですが、現在は閉店してしまっているようです。都内でもスーパーなどでは飲むことができて、いつか行ってみたいと思っていました。醸造所の見学などもやっていないようです。

これまでに飲んだことがあるのは「キャプテンクロウ エクストラペールエール」と「雷電カンヌキIPA」です。

いずれもホップのアロマが強く、アメリカンスタイルのビールでした。

ところで長野県といえば、ヤッホーブルーイングがあったり、志賀高原ビールは僕のとても好きなブルワリーです。

東御市の近くにある軽井沢にはヤッホーブルーイングの軽井沢高原ビールや、軽井沢ビールなどのビールを飲むことができます。

とても良いところです。

リニューアル

さて今回紹介するのは「アンバーエール」ですが、ホームページによると「工場増設に伴い、オラホビールが完全リニューアル」したとのこと。

「ゴールデンエール」と、「アンバーエール」が今回リーニュアルされたビールです。もちろん両方とも買ってきましたが、今回紹介するのは「アンバーエール」の方です。

アンバーエール

オラホビールをリニューアル!
パッケージ、レシピをすべて一新した、オラホの新しいフラッグシップ!
甘く、ふくよかな、ホップの香りと2種類のロースト麦芽由来のビター感とコク。リッチなアンバーエール。
引用:http://tomi-kosya.com/ohlahobeer/

パッケージだけでなく、レシピも一新したとのことです。

ゴールデンエールとアンバーエールがオラホビールの今後の新たなフラッグシップビールとなるようです。

原材料は麦芽とホップのみです。

飲んだビール

注いで見るとこんな感じです。だいぶ色合いは濃いめです。

缶を開けたときはホップのアロマ、グラスに注ぐとモルトの甘く香ばしいアロマが強いです。

口当たりは優しく、モルトの甘くも香ばしいフレイバー。甘ったるくはなく、ほどよい苦味と絶妙なバランスです。

後味がめちゃくちゃすっきりです。そのおかげでものすごく飲みやすいです。

缶を開けたときはフルーティなホップの香りがしたので、オラホビールっぽいと思いましたが、飲んでみるとしっかりとしたアンバーエールという感じでした。

今回は以上です。

created by Rinker
オラホビール
¥2,550 (2020/08/07 23:22:15時点 Amazon調べ-詳細)

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.