飲んだビール

【鬼伝説】New地獄谷IPA 2019|トロピカルなホップフレイバーとモルトの穀物感が絶妙マッチのニューイングランドIPA

投稿日:



今回は、鬼伝説地ビールのNew地獄谷IPA 2019を紹介したいと思います。

鬼伝説

鬼伝説は、北海道登別の銘菓「わかさいも」を作るわかさいも本舗の地ビールブランドです。

IPAやペールエールなど、ホップを効かせたビールが多く、それもとても美味しいです。

以前札幌にいった時に、鬼伝説のビールを飲みました。

特にペールエールはとても美味しかった記憶があります。ホップのフルーティな香りがとても良く、同時にモルトの穀物感も感じられて、国内のクラフトビールで比べてもペールエールとしてはかなりの上位ランクだと思います。

さて今回飲むのはNew地獄谷IPAですが、以前も札幌で飲みました。その時のNew地獄谷IPAが2018年バージョンだったのかは記録がないのでわかりませんが、このビールは年によってバージョンが違っているようです。

New地獄谷IPA

こちらがNew地獄谷IPAです。見ての通り、かなり濁っています。スタイルとしてはニューイングランドIPAです。いわゆるヘイジーなIPAです。

飲んだお店のメニューによると、原材料としては小麦麦芽、フレークドウィート、オーツ麦を使用しているとのこと。オーツ麦はニューイングランドIPAによく入っているイメージがあります。

使用しているホップはモザイク、シトラ、ギャラクシーがメインだそうです。ウェストコーストのブルワリーのようです。原材料だけ見ると、もはや国内のクフラトビールとは思わないかもしれません。

味の特徴としては、2018年と同じような味わいだそうですが、フルーティーな香り豊かでジューシーなビールだそうです。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていきます。

見ての通り濁ってはいますが、このビアバーで同じく飲んだうちゅうブルーイングのミルキーウェイよりは濁りは抑えめです。

こちらもトロピカルでフルーティな香りがとても強いです。しかしこっちにはモルトの甘みがあります。このホップフレイバーとモルトの甘味のバランスが絶妙です。すごくいいです。

モルトの穀物感が甘みもあるから程よいです。これは美味いです。バランスが良くて、飲み心地が良いです。

個人的には、こちらのNew地獄谷IPAがの方が好きです。もしかしたら、今まで飲んだニューイングランドIPAに一番美味いかもしれません。

とても美味しいビールでした。

飲んだ場所

このビールを飲んだのは、代々木にあるウォータリングホールというビアバーです。

ビアフライトは1000円で4種類のビールが飲めておすすめです。

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.