飲んだビール

【ストーン×バージャン ビア】モジャイIPA|ジューシーで複雑な果実感のあるダブルIPA

投稿日:



今回は、ストーンブルーイング(Stone Brewing)のモジャイIPA (Mojay IPA)を飲んだので紹介したいと思います。

ホームブルワーとバージャンビアのコラボ

このビールは「ウォータリングホール」という代々木のビアバーで飲みましたが、そこのメニューには以下のように書かれていました。

コンペで優勝したホームブリュワーとBurgeon Beer CompanyとのコラボレーションビールによるジューシーなダブルIPA

色々と調べてみたのですが、ここにも書いてある通り、どうやらストーンが主催しているビアコンペで優勝したホームブルワーと、Burgeon Beer Companyというブルワリーとのコラボビールのようです。

ストーンの公式サイトのイベントページにも、2018年8月10日のページに書かれていました。ストーンから発売されたビールということのようです。

※ウォータリングホール

ストーンブルーイング

ここでストーンブルーイングにも簡単にふれておきたいと思います。

ストーンはアメリカのクラフトビール界を牽引するブルワリーで、日本でも酒屋などでもよく見かけます。比較的簡単に手に入る部類のビールだと思います。ここのブルワリーが造るビールはほぼほぼIPAです。まあそもそもサンディエゴのブルワリーといえばIPAです。ストーンはその先頭を行っている感じです。

ストーンのビールは、比較的甘みが強く、重ためのIPAが多い印象です。

また、四半期に一度くらいのペースで、期間限定で「Enjoy By」というIPAが発売されます。

これは賞味期限が短めに設定されていて、Enjoy Byの後ろには日付が入ります。いついつまでに飲んでね、というような意味で名付けられたIPAです。

モジャイIPA

今回飲んだのは「モジャイIPA」という名前のビールです。変な名前ですが、ホップの名前であるMosaicとOJ(オレンジジュース)を繫げて造った言葉のようです。

メニューの説明によると、Amarillo、Citora、Mosaicホップとフレッシュなオレンジ果汁を組み合わせて造られたビールとのことです。これらのホップはアメリカのクラフトビールではよく使われているものです。これにオレンジ果汁が加わったといことで、フルーティな香味が創造されます。

飲んだ感想

ここからは飲んだ感想を書いていきます。

色合いは割とクリアです。少し濃色がかっています。

香りはとてもジューシーです。そしてウェストコースト系のビールでたまに感じられる柿っぽい香りもします。一癖ある香りです。

飲んだ感じは、とてもジューシーでフルーティです。ウェストコーストによくある系の味だと思います。

このビールはいろんな果物の複雑に混ざったような香味があります。この味というのを表現するのがなかなか難しいです。それでも、強烈にフルーティかと言われるとそうではなく、モルトの甘みもあるせいか丸っぽく感じます。癖も丸みを帯びていて、そこはうまいことバランスが取れていると思いました。

IBUは100もあるようですが、そんなに高くは感じません。それもこの複雑なフルーティさのあるせいかもしれません。

レアなビールだと思いますので、みなさんも見かけたら飲んでみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。



-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.