飲んだビール

忽布古丹醸造 清洒(せいしゃ)|穀物感のあるコク深い甘みがあるのに、雑味のないクリアな味わいが特徴のピルスナー

投稿日:



今回は、惣布古丹醸造の清洒(せいしゃ)を紹介します。

東京ビアフェス

今回紹介する「惣布古丹醸造の清洒(せいしゃ)」は、東京ビアフェス2019で飲んだビールです。

このビアフェスでは、120種類を超えるビールが飲み放題でした。

専用のアロマグラスで、本当に味見程度ではありますが、少し注いでもらって飲んでいくスタイルです。

毎年開催されているイベントなので、クラフトビールが好きな方はぜひ参加してみると良いと思います。

忽布古丹醸造造

「忽布古丹醸造」とは、北海道上富良野にあるクラフトブルワリーです。「ホップコタン」と読みます。いい響きです。

ずっと「惣布古丹」だと思っていましたが、正しくは「忽」だそうです。

このブルワリーは、北海道のノースアイランドビールというクラフトブルワリーにいた人たちが独立して立ち上げたブルワリーだそうです。

これまでに、忽布古丹醸造のビールは何杯か飲んだことがあります。とてもみずみずしく、クリアな味わいのビールが多かった記憶があります。いくつか紹介します。

□飲んだ「忽布古丹醸造」のビールの一覧:
https://pivoblog.com/tag/hop-kotan

都内にいるとなかなか飲む機会はありませんが、見かけたらぜひ飲んで見てください。

それではここからは、清洒(せいしゃ)の紹介をして行きます。

清洒(せいしゃ)

公式サイトによると、「清洒= 清らかで、さっぱりしているさま。余分なものが無く、すっきりしているさま。」だそうです。忽布古丹醸造はすっきりとしたみずみずしいビールのイメージがあるので、まさしくこんなピルスナースタイルのビールは忽布古丹醸造にぴったりだと思います。

ボディとアルコールを少しUPし、ピルスナーとしては飲みごたえがあるものの、ピルスナーならではの爽快感と上品なホップ香はそのままに。ついついお代わりしたくなるピルスナーに仕上がっております。やはりピルスナーは大好きなビアスタイルなのです。
引用:http://hopkotan.com/beers/seisha/

ついついお代わりしたくなるビールというのはピルスナーの理想形ですね。例えばピルスナー・ウルケルなんかはその象徴的な存在です。だからこそ、チェコは一人当たりのビール消費量が世界一なのでしょう。

こちらが「清洒」です。

飲んでみると、説明に書いてあった以上に、穀物感すごく、コクのある甘みが強いと感じました。それでいて、雑味がなくてとてもまろやかです。

この「甘みが強いのに、雑味のない」感じが、このビールの特徴的なポイントなのだと思います。素晴らしいピルスナーです。

今度は普通に1杯飲んで見たいと思いました。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.