飲んだビール 札幌旅行記

【忽布古丹醸造】時つ風(アメリカンセッションIPA)|富良野の澄んだ青空を彷彿とさせるシトラスフレイバーと苦味が爽快なIPA

更新日:



こんにちは。今回は、「忽布古丹醸造」の時つ風(アメリカンセッションIPA)を飲んだので紹介したいと思います。

ちなみにこのビールを飲んだのは札幌にある「ビアバーノースアイランド」です。ノースアイランドビールの直営店で、常時6タップと期間限定ビールやゲストビールを飲むことができます。

そこでゲストビール枠に入っていた「忽布古丹醸造」の時つ風を飲みました。

忽布古丹醸造

忽布古丹醸造は北海道・上富良野にある醸造所です。

元ノースアイランドビールの方がやっている醸造所だそうです。

公式ホームページに行くと書いてありますが、僕はここの醸造所の理念にとても憧れます。

地のホップで醸すという幸せを求めて
北海道の真ん中、美しい景色で知られる富良野・美瑛エリア。その一部をなす上富良野(かみふらの)は、道内で唯一、ホップが商用栽培されている町です。そして私たちブルワーにとって、希少な地のホップを使ってビールを醸すことは、この上ない幸せでもあります。ホップづくりのプロと語らいながら、生きたホップとふれあい、ビールづくりのプロとして、さらなるおいしさを追究したい。ここでなら、それができる。だから私たちは、ここに集いました。
引用:http://hopkotan.com/about/

古丹(コタン)とは、村や集落を意味するアイヌの言葉だそうで、まさに富良野の土地を醸すブルワリーだと思います。

こういうスタイルにとても憧れます。

忽布古丹醸造は今までにシュバルツ(黒ビール)を飲んだことがあります。

今回は2回目です。

時つ風

それでは時つ風を紹介します。これは「アメリカンセッションIPA」だそうです。

アメリカンスタイルのセッションIPAということだと思いますが、アメリカンスタイルのIPAはフルーティなアロマのホップを大量に使ったIPAです。セッションはアルコールを抑えたビールです。

色合いはかなり淡い色をしています。向こう側が見えるくらいクリアで透き通るような色です。透明感のある黄金色といったところでしょうか。

香りは、柑橘系の爽やかな香りです。

飲んだ感じは、苦味の方が強いです。ドライなので、ダイレクトに苦味が感じられます。そして飲んだ後も柑橘フレイバーが残ります。バランスとしては、苦味の方が支配的です。

それにしても透き通るような研ぎ澄まされたクリアな味です。富良野の青空が眼に浮かびます。

癖がないので、なんの料理にも合いそうです。そしていくらでも飲めそうです。

とても澄んだ綺麗でクリアなビールでした。

今回は以上です。

札幌旅行記の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/traveling/sapporotrip

-飲んだビール, 札幌旅行記
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.