飲んだビール

【志賀高原ビール】Fresh Hop Bitter(フレッシュホップビター)|みずみずしいフレッシュなビターエール

更新日:



こんにちは。今回は、志賀高原ビールの「Fresh Hop Bitter(フレッシュホップビター)」を紹介します。

とてもみずみずしく、フレッシュな味のビールでした。

「けやきひろば秋のビール祭り2018」で飲んだビールです。

Fresh Hop Bitter(フレッシュホップビター)

このビールは2018年シーズンの Harvest Brew の第一弾ビールとのことです。

「Harvest Brew」とは自家栽培の生ホップを使って仕込んだビールで、他にもいくつかあるようです。

こちらが今回飲んだビールです。色合いは淡色で、濁りもありません。

生ホップをふんだんに使ったビールということで、匂いを嗅いだ瞬間に柑橘系のホップの香りが飛び込んできました。

とにかくフレッシュで新鮮な香りです。

飲んだ感想

飲んでみた感想としては、やはりフレッシュなみずみずしさを感じます。柑橘系の果物を丸かじりしたような印象です。

しかしながら、決してみずみずしいだけではなく、モルト感も感じられます

ただ、ホップのフレッシュさが強いので、僕が今までに飲んできたビターエールの麦芽の無骨な主張と言いますか、穀物感のようなものはそれほど強くは感じませんでした。

このビールの場合は、ホップのフレッシュさをもろに感じることのできるところが最大の特徴ですので、そんなみずみずしいフレッシュなビターという意味では、志賀高原ビールならではのビールだと思います。

他の「ビター・エール」の紹介記事:

※このセットにはフレッシュホップビターは入っていません。志賀高原ビールの定番ビールのセットです。

志賀高原ビール

志賀高原ビールは、「玉村本店」という蔵元が、自分たちが飲みたいビールを造ることをモットーに醸造しているビールブランドです。

志賀高原ビールでは、ホップをはじめ、原料に強いこだわりを持っているようです。自家栽培のホップをふんだんに使ったビールが多いですが、「この土地だからこそできる味」を追求しているブルワリーだと感じます。

原料から向き合い、「自分たちのつくりたいビール」を、楽しんで作っていると感じました。いつか、直営店「FARMHOUSE」で出来立てのフレッシュな志賀高原ビールを味わって見たいです。

※追記:先日FARMHOUSEに行ってきました。

けやきひろば秋のビール祭り2018

最後に、このビールを飲んだ「けやきひろばビール祭り」について紹介します。

「けやきひろばビール祭り」は、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されている、全国各地のブルワリーが出店する最大級のクラフトビールイベントです。

2018年秋のビール祭りに行ってきましたが、全国各地から90もの出店があり、ビール好きにとっては最高のイベントでした。

こちらで、その時に飲んだビールを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.