飲んだビール

【志賀高原ビール】「New Engi-land IPA」|ジューシーな甘みの中にしっかりとした苦味のあるドライなニューイングランドIPA

更新日:



こんにちは。今回は、志賀高原ビールの「New Engi-land IPA」を紹介します。

ニューイングランドスタイルのIPAで、とてもジューシーな味わいでしたが、同時に苦味も感じられるビールでした。

「けやきひろば秋のビール祭り2018」で飲んだビールです。

New Engi-land IPA

このビールは、志賀高原ビールの直営店「THE FARMHOUSE」のオープン1周年を記念して発売されたビールのようです。

THE FARMHOUSEは、長野県の渋温泉の近くにあります。

一度行ってみたいです。

※追記:先日FARMHOUSEに行ってきました。

さて、今回飲んだNew Engi-land IPAですが、左から2番目です。

飲んだ感想

New Engi-land IPAを飲んだ感想を書いていきます。

ニューイングランドIPAということで、濁っています。他の志賀高原ビールと比べても濁っているのがわかります。

香りは柑橘系の匂いがします。シトラス系の匂いでしょうか?一番右のスノーモンキーIPAは、桃のようなトロッとした香りがしましたが、こちらはもう少しこざっぱりした香りです飲んでみた感想ですが、味わいも香りと同じ印象です。柑橘のジューシーな味わいでとても飲み口はとても飲みやすいです。

しかし苦味もしっかりとしています。他の志賀高原ビールと比べても、苦味は感じられる方だと思います。後味も比較的ドライですただドライだからと行って、たくさん飲めるというわけではなく、アルコール度数が6.5%とそこそこにあるため、飲みごたえもあります

志賀高原ビールの飲み比べをしてみましたが、同じようなスタイルで見た目も似ていますが、一つ一つに特徴があって、とても面白いです。

このビールもとても美味しかったです。

※このセットにはNew Engi-land IPAは入っていません。志賀高原ビールの定番ビールのセットです。

飲んだ「ニューイングランドIPA」の一覧はこちら:
「ニューイングランドIPA」 一覧

志賀高原ビール

志賀高原ビールは、「玉村本店」という蔵元が、自分たちが飲みたいビールを造ることをモットーに醸造しているビールブランドです。

志賀高原ビールでは、ホップをはじめ、原料に強いこだわりを持っているようです。自家栽培のホップをふんだんに使ったビールが多いですが、「この土地だからこそできる味」を追求しているブルワリーだと感じます。

原料から向き合い、「自分たちのつくりたいビール」を、楽しんで作っていると感じました。いつか、直営店「FARMHOUSE」で出来立てのフレッシュな志賀高原ビールを味わって見たいです。

※追記:先日FARMHOUSEに行ってきました。

けやきひろば秋のビール祭り2018

最後に、このビールを飲んだ「けやきひろばビール祭り」について紹介します。

「けやきひろばビール祭り」は、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されている、全国各地のブルワリーが出店する最大級のクラフトビールイベントです。

2018年秋のビール祭りに行ってきましたが、全国各地から90もの出店があり、ビール好きにとっては最高のイベントでした。

こちらで、その時に飲んだビールを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.