ブルワリー・ビアバー紹介 飲んだビール

【ストレンジブルーイング アップタイトビター】両国 麦酒倶楽部ポパイ で飲んだビターエール

更新日:



こんにちは。先日、両国にある、「麦酒倶楽部ポパイ」に行ってきました。

今回は、その時に飲んだ、「アップタイト ビター」というビールについて紹介したいと思います。

麦酒倶楽部ポパイ

麦酒倶楽部ポパイは、僕が前々から行きたいと思っていたお店です。場所は両国にあります。先日浅草橋に行く機会があり、近かったので立ち寄りました。やっと念願が叶いました。

このお店は、日本ビール検定公式テキストにも登場してくるほど有名店です。

日本でビアバーが登場し始めた頃の話として、

1996(平成8)年にリニューアルして「全国の地ビールを飲める店」となった、東京・両国の「麦酒倶楽部ポパイ」などが注目を集めていました

と紹介されています。

お店はこの旗が目印です。

この日は土曜日でしたが、お店に着いたのは15:30頃でした。

オープンが15時でしたので、まだまだ余裕で空いてるかなと思いきや、中はもう人でいっぱいで、熱気で包まれていました。見た感じ、他には席が空いていなかったと思います。ギリギリ入れてラッキーでした。

こちらはカウンターから撮った写真です。

タップだらけです。70TAPがあるようです。その日のビールは公式ホームページから確認ができるようですので、チェックしてから行くことをおすすめします。

さて、今回は2杯のビールを飲みました。

まず初めに「ストレンジブルーイングのアップタイトビター

続いて、「リンデマンスのファロ

ファロについては、また別の記事で紹介したいと思います。

※追記:ファロについての記事を書きましたので、よろしければこちらもご覧ください
【初めてのランビック】【両国】麦酒倶楽部ポパイで「リンデマンス」の「ファロ」を飲んでみた

アップタイト ビターについて

アップタイトビターは、新潟県南魚沼市にある、Strange Brewing(ストレンジブルーイング)で醸造されているビールです。

公式サイトにアップタイトビターの説明がありました。

ABV=3.8% IBU=25
日本のブルワリーでは珍しい, 本格的なオーディナリービターエールです. 英国のパブでは王道なビターはペールエールのスタイルですが, アルコール度数が低め. 名前はビター, でもホップの苦味は少なく, 味はモルティでまろやかです. ビールのアルコールやホップの苦いのがちょっと…という方はこのエールからどうぞ.
引用:http://strangebrewing.jp

ビターといえば、以前浅草のカンピオンエールで飲んだことがあります。

ここで飲んで以来の「ビター」です。この時に飲んだビターが美味しかったので、今回思わず「ビター」の文字に反応して頼んでしまいました!

ちなみに、ストレンジブルーイングのビールは他にもいろんな種類のものがありました。

上面発酵が中心です。

さて、話をアップタイト ビターに戻します。

こちらがアップタイトビターです。

泡はなしのスタイルのようです。冷えています。

色はピルスナーよりは濃いめです。

実際に飲んでみると、これは紛れもなく「ビター」の味がしました

なんとも表現が難しいのですが、ペールエールとは全く違います。

煙っぽいというか、燻製までは行かないのですが、、、「ビター」の味です。

何度も引き合いに出してしまって申し訳ないのですが、カンピオンエールで飲んだビターよりも、若干ドライな印象です。

麦のまろやかさが感じられる一方で、甘みよりもどちらかというとホップの苦味の方がやや強めかな?といった印象でした。

まとめ

ビターはビールの中でも好みの味です。これからも、「ビター」を見つけたら積極的に飲んでいきたいと思います。

アップタイトビターは、ややドライなビターといった印象でした。いろんなビターを飲むことで、表現できるようになりたいです。

今回は以上です。

行ったブルワリー・ビアバーの一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/beer/brewery


麦酒倶楽部アクセス

公式サイト:
麦酒倶楽部 POPEYE

地図:

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-ブルワリー・ビアバー紹介, 飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.