飲んだビール

【ピルスナー・ウルケル】麦芽の甘みが引き立つ最高に美味いチェコの「ビールの王様」

更新日:



先日、チェコ・プラハ行ってきました。チェコは、一人当たりのビール消費量世界一の国です。今日は、チェコから買って帰ってきた「ピルスナー・ウルケル」の缶ビールを開封したいと思います。

ずっと大切に保管してきましたが、直感的に今日飲むべきだと思ったので飲むことにしました。ビールはその日の体調によって味覚が変わる気がしていて、同じビールを飲んでも、ものすごく美味しいと感じる日とそこまでではない日があります。皆さんはいかがでしょうか?今日は飲みたいと思ったので飲んでみようと思います!

ビールの王様「ピルスナー・ウルケル」

ピルスナー・ウルケルとは、世界で最もポピュラーな「ピルスナー」の元祖です。

チェコ・ピルゼンで誕生し、今もなお、ビール大国で愛され続けるビールです。プラハに行くと、街のいたるところでウルケルが飲まれています。プラハはウルケルだらけです。

ウルケルは、1842年にチェコのピルゼンで、ドイツの醸造家ヨーゼフ・グロルによって誕生したビールです。ヨーゼフ・グロルは、僕が勝手に呼んでいる欧州三大醸造家の中の一人です。

他の二人は、アントン・ドレハーピエール・セリスです。

アントン・ドレハーは、ウィンナーラガーを造りました。オクトーバーフェストビール「メルツェン」の元になったビールです。

ピエール・セリスは、ベルギーの「ヒューガルデン・ホワイト」を復活させた醸造家です。

なぜこの3人を三大醸造家と呼んでいるのかというと、日本ビール検定のビールの歴史の中でピックアップされていた3人だからです。

さてウルケルですが、当時のドイツではラガーというと濃色のビールだったそうですが、ウルケルは淡色のピルスナーです。ドイツの水は硬水だったのに対し、ピルゼンは軟水だったために、偶然完成したそうです。

ピルスナーウルケル開封

こちらがウルケル醸造所で買ってきた缶ビールです。

500mlだと29コルナ(約145円)でした。買ってきたのは330mlですが値段を忘れてしまいました。グラスはチェコのビールフェスティバルで買ってきたものです。このグラスで飲むだけでビールが3倍美味くなります。

肝心の味ですが、口当たりはカラメルのような甘みがあります。個人的には、このカラメルのような甘みがウルケルの一番の特徴だと思います。

優しい舌触りで、後からしっかりとホップの苦味がきます。チェコのお店ではこのウルケルがとても安く飲むことができます。

プラハでとても有名なピヴォバー U Zlatého tygra(黄金の虎)では、50コルナ(約250円)で最高のウルケルが飲めました。チェコビールの最大の魅力は、こんなに美味しいビールがこんなに安い価格でゴクゴク飲めることだと思います。

何杯飲んだかを紙に線を引いて数えます。前に座っていたチェコ人の3人組は合わせて19杯も飲んでいました。

追記:

この時に飲んだピルスナーウルケルを始め、これまでに何杯もピルスナーウルケルを飲んではこのブログで紹介しています。

ウルケルはいつ飲んでも美味いです。唯一無二のビールです。とても美味しいビールです。日本でも飲むことができるので、ぜひ機会があれば飲んでみてください。

日本のピルスナーの王様との飲み比べ

せっかくピルスナー・ウルケルを飲んだので、日本のビールと飲み比べをしてみました!今日買ってきたのは日本のピルスナーの王様「エビスビール」です。

飲み比べた感想ですが、、、

エビスビールは久しぶりに飲んだ気がしますが、めちゃくちゃ美味しいです(笑)

口当たりまろやかで、こちらも甘みを感じますが、ウルケルとはまたタイプが違います。こちらの方が複雑な味です。

結論

日本のピルスナーは美味い

サッポロ ヱビスビール [ 350ml×24本 ]
ヱビスビール
¥ 5,296
Amazon.co.jp

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.