飲んだビール

【EBINA BEER】ペールエール|穀物感の強いフルボディのアメリカンペールエール

更新日:



こんにちは。今回は、EBINA BEERのペールエールを紹介します。

EBINA BEER

EBINA BEERは、チェコ出身のブルワーさんがやっている醸造所です。

外部リンク(EBINA BEER公式アカウント):
https://www.facebook.com/EBINABEER/

タップ数は8基あるそうで、レストランではつくりたてのビールが味わえるとのこと。

いろんなビールをつくっているようですが、チェコ出身ということで何と言っても注目はピルスナー

飲んだことがありますが、お米のような、穀物本来の甘みを感じることのできる、チェコスタイル(ボヘミアンスタイル)のピルスナーでした。

まとめると、EBINA BEERのピルスナーは、穀物感の強いビールというのが特徴だと思います。

EBINA BEER ペールエール

さて今回飲んだEBINA BEER の「ペールエール」はこちらです。

今回、EBINA BEERは他にもピルスナー、ヘーフェヴァイツェン、うっぷんIPA、そしてこのペールエールの4種類を飲みましたが、このペールエールが一番濁っていたように思います。

飲んでみた感想ですが、かなりのボディです。

穀物感がとても強いです。

EBINA BEER共通の特徴として、穀物感がとても強いと感じました。

また、柑橘系の風味もあります。

グレープフルーツのような、爽やかな香味です。

苦味もありました。

穀物感の強いアメリカン・ペールエール といった味わいでした。

今一番人気のスタイル!ペールエールについて

「ペールエール」といえば、クラフトビール界ではとても基本的なスタイルです。

クラフトビールといえば、まず真っ先にあがるのが「ペールエール」なのではないでしょうか。

2018年10月に、ヤッホーブルーイングが「クラフトビール常飲者の実態調査」を実施していますが、クラフトビールで最も好きなビアスタイル(ビールの種類)の一番人気が27.8%の割合でペールエールだったようです。ちなみに2位は16.6%でピルスナーです。

ペールエールを醸造しているブルワリーも多いです。このブログでも、よく紹介しています。

□日本を代表するペールエール「よなよなエール」

□ペールエール誕生の地で今もなお醸造される「バス・ペールエール」

□アメリカのクラフトビールの原点「シエラネバダ・ペールエール」

飲んだ「ペールエール」の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/paleale

よろしければぜひご覧ください。

今回は以上です。

飲んだ「EBINA BEER」の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/ebina-beer

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.