飲んだビール

【バス ペールエール】世界最古の商標登録「赤い三角形」の王道ペールエール【バートン・オン・トレント】

更新日:



こんにちは。今回は、世界最古の商標登録である、「バス・ペールエール」について紹介します。

今回紹介するバス・ペールエールは、先日紹介した「82ALE HOUSE」で飲んだものです。

バートン・オン・トレントのペールエールについて

まず最初に、ペールエールの銘醸地として有名な「バートン・オン・トレント」について紹介しておきます。

バートン・オン・トレントとは、イギリス中部にある街です。

この地域の特徴は、水の硬度が高く、ミネラル分を豊富に含んだ水が湧き出ることです。

そんな硬度の高い水を使って造られるペールエールは、バートン・エールとも呼ばれています。

ここで、村上満さんのより引用させていただきます。

バートンの水は石膏が多く、これがバートン・エールの香味に大きな影響を与えているのです。たとえば、ドライさの付与とホップの苦みを際立たせる役割を果たしているといわれています。
そこで、各地の醸造所は石膏を水に加えてバートンの水を再現する"Burtonization"を試みたのですが、結果は思わしくありませんでした。結局、各地の醸造所はビールと地域とは関連があり、地域で得られる原料などの与えられた諸条件のもとで特徴あるビールを造ることが懸命であると悟ったのです。

バートンの硬度の高い水によって生み出されるバードン・エールは特徴的な味を生み出しますが、他の地域では真似できなかったのですね。

ビールと地域の関連性についての記述も興味深いです。

今回紹介するのは、そんなバートンの地でペールエールを造っている、バス社の「ペールエール」です。

バス ペールエール

さてそれではバス ペールエールについて紹介します。

飲んだのは先ほども書きましたが、浜松町の82ALE HOUSEです。

バスペールエールの樽生が飲める場所は僕は他に知りません。とてもありがたいです。

色はピルスナーに比べると、やや濃いめの色をしています。

ペールとは「淡色」のことですが、これはスタウトやポーターと比較しての淡色という意味のようです。(村上満さんのビール世界史紀行より)

味についてですが、エールっぽさ(上面発酵のエステルっぽさ)を感じますが、重すぎず、後味はとてもスッキリとしています。

後味爽やかで、麦芽の甘みがほのかに残ります。

また柑橘系の味は感じません。

日本でペールエールといえば、柑橘の爽やかなホップの香味が主流ですが、それはアメリカ系のペールエールで、バスペールエールは古き良きイギリススタイルのペールエール(バートンエール)と言えるでしょう。

爽やかさ、ドライな心地よさを感じられるビールでした。

まとめ

今回は、82ALE HOUSEで飲んだバス ペールエールについて紹介しました。

ペールエールといってもいろんな種類がありますが、今回飲んだバス ペールエールは古き良き上品なペールエールと言えると思います。

エールの香味も感じつつ、スッキリとした後味で麦芽の甘みも感じることができ、全体的にまとまりのあるビールでした。

みなさんも飲んでみてください。

また、このブログではこれまでにも他のペールエールスタイルのビールを紹介していますので、宜しければご覧ください。

飲んだ「ペールエール」一覧:
https://pivoblog.com/tag/paleale

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.