飲んだビール

アサヒ 紅 秋限定醸造2019|希少ホップ アマリロ 使用!フルーティでコク深い、なのに後味の良い秋限定ビール

更新日:



今回は、アサヒビールから2019年8月20日に発売された秋限定醸造ビール「紅」を紹介します。

アサヒ 秋限定ビール

アサヒビールの秋限定ビールといえば、昨年2018年は「食楽」というビールが出ていました。

今年は食楽ではなく、「紅」というビールです。サッポロは「焙煎生ビール」、キリンは「秋味」と定番化している秋限定ビールがあるのに対して、アサヒビールは昨年とは違うビールを売りだしてきました。

ちなみにアサヒ食楽のその前の年は、アサヒビールのニュースリリースのバックナンバーを見る限り、特に発売されていないようです。

こちらが紅です。パッケージは、秋限定ビールはどの会社も似たようなデザインです。紅葉が舞っている赤みがかった色合いをしているところが多いです。買うときは間違えないようにしないといけません。

公式ホームページから、紅の説明を引用します。

『アサヒ 紅』は、グラスに注いで色や香り、ゆったり楽しめる深いコクで秋らしい季節感が感じられる秋限定醸造の生ビールです。クリスタル麦芽を一部使用し、赤褐色の色合いとコクのある味わいを実現しました。アルコール度数6.5%のしっかりとした飲みごたえと、希少ホップ“アマリロ”を一部使用することで爽やかでフルーティーな香りをお楽しみいただけます。
引用:https://www.asahibeer.co.jp/news/2019/0724_2.html

ここで注目すべきは「希少ホップ"アマリロ"」です。アマリロは、アメリカンスタイルのIPAによく登場するホップです。ブリュードッグのパンクIPAや、伊勢角のNeko Nihiki、StornのEnjoy Byに入っていたりします。

大手のビール会社で、こうしたアメリカ系のホップを使用する例というのはとても少ないと思います。これは珍しいです。

飲んだ感想

ここかは、飲んだ感想を書いていきます。

まずは原材料をチェックします。麦芽、ホップ、米、コーン、スターチです。いつものスーパードライと変わりません。また、他の会社の秋限定ビールも同じような材料です。またきになるのはアルコール度数です。このビールはなんと6.5%もあります。

グラスに注ぐとこんな感じです。色合いは見ての通り、やや濃いです。スーパードライに比べてると、明らかに濃いと思います。

香りからして、少しフルーティです。使用ホップを見る前にこの香りからフルーティさを感じたので、結構するんだと思います。フルーティ、そして芳醇な香りです。

このビールのもう一つの特徴として、雑味が特にないです。口当たりがシュッとしていて、とても爽やかです。飲んでみても、芳醇でフルーティさが感じられます。後味はコクがありますが、雑味がなくとてもすっきりとしてて、大手の作る控えめなエールビールという印象を受けました。

やはり、ホップにアマリロを使用しているためか、このアメリカンホップの香りがかなり効いています。苦味も少なめで飲みやすいです。秋っぽい味わいのビールでした。

今回は以上です。

参考記事:2019秋限定ビールの飲み比べ

【季節限定】アサヒ 紅 [ 350ml×24本 ]
アサヒビール
Out of stock

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.