飲んだビール

【川崎 ムーンライト】枡形城(ビター)|ダークな色合いが特徴的な、華やかな香味を感じるビターエール

更新日:



こんにちは。今回は、川崎の向ヶ丘遊園にある「ブルーパブ・ムーンライト」で飲んだ、「枡形城」を紹介したいと思います。

枡形城は「ビター」というスタイルのビールです。

僕はビターが好きで、このブログでも何回も登場している、おなじみのスタイルです。

ビターについて

まず初めに、「ビター」について紹介したいと思います。

ビターとは、イギリス発祥のビールです。歴史はなかなか古いです。イギリスのパブで飲まれているビールは「ビター」です。

イギリスといえば、ペール・エールの発祥の国としても有名ですが、ペール・エールは「バートン・オン・トレント」という地で生まれました。

このバートンで造られるペール・エールを「バートン・エール」などと呼ぶこともありますが、パートン・エール(ペール・エール)に対して明確に区別する形で「ビター・エール」という名前で呼ばれるようになったようです。

決して苦いという意味の「ビター」ではありません。

詳しくは、こちらの記事でも書いています。

枡形城

さてここからは「枡形城」について紹介していきます。

こちらがムーンライトの「ビター」です。

まず見た目がとても特徴的です。今まで飲んできたビターは、琥珀色から褐色レベルでしたが、この枡形城はダークです。

ムーンライトではビール酵母をろ過していない、無ろ過のビールなので、濁っており、その影響もあるかもしれません

香りはとても華やかです。エール酵母由来のエステルの香りがします。

飲んでみた感想としては、ホップの苦味がなかなか効いていますマイルドな苦味です。

ボディはやや軽めホップと、酵母由来の華やかさが、モルトをリードしています

今まで飲んできたビターは、比較的モルティーな味わいが多かったのですが、このビターはどちらかというとフルーティーな味わいでした。

ビターについては、味をどう表現すれば良いのか、いつも飲むたびに考えていますが、なかなか答えが見つかりません。

これからもビターは見つけたら基本的に飲んでいきたい思います。

今回は以上です。

飲んだ「ビター」の一覧:
https://pivoblog.com/tag/bitter
飲んだビールの一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/beer/drinkbeer

向ヶ丘遊園「ブルーパブ・ムーンライト」

最後に、このビールを飲んだブルーパブ・ムーンライトについて紹介します。

場所は小田急線の「向ヶ丘遊園駅」から徒歩7分ほどのところにあります。

常時、いろんな種類の出来立てクラフトビールを飲むことができます。しかも、なんとMサイズが1杯300円から飲むことができるという、ブルーパブにしてはとても安いお店です。

美味しいビールを、こんなに安く飲めるなんて、本当に最高のお店でした。

他の飲んだビールはこちらで紹介しています。

営業時間:
月・水・金16:30 – 22:30
土日祝: 11:30 – 22:30
ラストオーダー: 22:00

定休日:
火曜日・木曜日(祝日の場合は翌日)

場所(小田急線の「向ヶ丘遊園駅」から徒歩約7分):

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.