飲んだビール

スリランカ ライオン スタウト|黒糖・チョコレートのような甘み、エスプレッソのような深いコクと苦味、バランスの取れたスタウト

更新日:



今回は、スリランカにあるライオンブルワリーの「スタウト」を紹介したいと思います。

ライオンスタウト

ここまで横浜にある「肘鉄」というお店で飲んだアジアのビールを紹介してきましたが、今回はライオンスタウトを紹介します。

ライオンブルワリーはスリランカの代表的なビール会社で、スタウトの他にも「ライオンインペリアル」というプレミアム・モルトピルスナーなるビールも有名なようです。

藤原ヒロユキ氏の「世界のビール博物館」でも紹介されていますが、アルコールが8〜9%もあり、モルトのボディが強く、アジアでは珍しいリッチなタイプのビールのようです。今回紹介するスタウトもちらっと紹介されています。

今回紹介するスタウトも、アルコール度数は8%と高めです。これ以外に飲んだ333(バーバーバー)やビアラオラガーはいずれもライトなピルスナータイプのビールですが、度数の高いビールがメジャーな国もなかなかない気がします。

こちらは肘鉄のメニューですが、モンドセレクション金賞受賞が5回、世界でも評価の高いビールだそうです。

飲んだ感想

ここからは飲んだ感想を書いて行きます。

スタウトといえば、「ギネススタウト」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ギネススタウトは、ふわっとした泡と、ドライな喉越しが特徴ですが、今回のライオンスタウトはちょっと違いました。

まずパッケージはライオンの顔がドアップで描かれています。黒い背景に鬣を黄金にたなびかせています。飲んでみろと言わんばかりの眼光です。まさしく百獣の王という表情をしています。

裏面には、マイケル・ジャクソン氏(世界的に有名なビールの評論家)のコメントが写真とともに書かれていました。「この上面発酵ビールは柔らかくフレッシュなモカチョコレートのようだ」と絶賛したようです。

グラスはなく、このビールもラッパ飲みスタイルで飲みます。最初飲むときに、酔っ払っていたのでこれはピルスナーだと思って飲んでいましたが、エスプレッソのような強烈な苦味、黒糖ハイボールのようなこってりした甘みがして、これはスタウトだと悟りました。

とてもまったりとした甘みがあります。コーヒーのような、苦味と深みがあります。苦味はなかなかしっかりしています。しかし、ココア、チョコレート、黒糖のような甘みがあり、バランスはちょうど良いです。アルコールが8パーセントもあるとは思えないほど、スイスイ飲めてしまいます。他に例えるならカルーアミルクのような味でしょうか。

しかしスイスイと飲んでいると途中でだんだんとアルコールを感じるようになってくるので危険です。

この日はとても酔っ払っていたので、今度はグラスに注いでじっくりと飲んでみたいと思いました。

アジアのビールも奥が深いです。

今回は以上です。

created by Rinker
ライオン(Lion Beer)
¥7,707 (2020/09/27 23:15:43時点 Amazon調べ-詳細)

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.