飲んだビール

J-CRAFT HOPPING ジューシーIPA|格安!桃のような甘みの強い香りと濁りが印象的なニューイングランドIPA

投稿日:



今回は、三菱食品「J-CRAFT HOPPING」シリーズの、「ジューシーIPA East Coast Style New England IPA」を紹介したいと思います。

J-CRAFT

J-CRAFT HOPPINGというものは、このビールを飲んで初めて知りました。

そもそも、「三菱食品」という会社が出しているビールとは知りませんでした。飲んで、この記事を書いている時に、調べる中で、知りました。

パッケージには、製造場に「DHC(ディーエイチシー)」の静岡工場と書かれていたので、DHCのビールかと思いました。DHCのビールは、たまにスーパーで見かけるので、ビールを造っているのは知っていました。

調べてみると、J-CRAFTはこれまでにも、いろんなブルワリーと共同開発したビールを出しているようです。今回、J-CRAFT HOPPINGシリーズは、DHCの工場で造っているとのこと。三菱食品はファントムブルワリー的な感じということなんだと理解しました。

J-CRAFT HOPPING

J-CRAFT HOPPINGには、今回紹介するジューシーIPAの他にもいくつかあるようです。

公式サイト:
https://www.mitsubishi-shokuhin.com/liquor/j-crafthopping/index.html

ゆずふわIPA、ガツんとIPA、そして今回のジューシーIPAです。

ジューシーIPA

ものすごくポップなパッケージで、少し怪しさがありますが、こんなキャッチーなパッケージのNew England IPAは初めて見ました。ニューイングランドIPAは、ヘイジーIPAなどとも呼ばれますが、ここに書いてある通り、アメリカの東海岸スタイルの濁ったIPAです。

最近飲んだビールだと、

これとか

これがニューイングランドIPAです。

これらのビールはアメリカのクラフトビールなので1000円くらいしました。

しかし今回飲むJ-CRAFT HOPPINGは、なんと298円です。

パッケージに、「New Englrand IPA」、「EAST COAST STYLE」と明確に書いてあります。ここまで説明的なパッケージもなかなかないです。そこに生産者のこだわりを感じます。

EAST COAST IPAとあるように、肌寒い地域が多い
アメリカ東海岸ニューイングランド地方※から出現した人気のスタイル。
モルトとホップの甘みがしっかリ感じられる。
小麦とオーツ麦を使い、やわらかく飲み易い味。
ホップは主にモザイクとギャクシーを使用。ジューシーなホップ感を表現。
トロピカルフルーツのような香りで、飲み続けられる味わい。
https://www.mitsubishi-shokuhin.com/liquor/003171.html

原材料は、大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、オーツ麦、乳糖です。

製造が2021年3月9日ですが、賞味期限が2021年12月3日まで持ちます。大抵クラフトビールの賞味期限は買ってすぐに飲まないと鮮度も落ちていくイメージですが、このビールにはどんな技術が使われているのかが気になります。

飲んだ感想

注いでみるとこんな感じです。

缶を開けた瞬間に、桃のようなフルーティな香りがしてきました。結構強めです。ものすごく甘い香りがします。

色合いもかなり濁っています。しかし酵母の沈殿のようなものはありませんでした。冷蔵庫に入れて、少し飲むまでに空いたのですが、それでも酵母の沈殿はありませんでした。

飲んでみると、炭酸はやや強めです。甘みがとにかく強いです。桃のような、フルーティな甘みです。

苦味もそれなりに感じます。後味にまあまあ苦味が残ります。同時に、甘みもまあまあ残ります。キレはそこまで良くはない印象です。

しかしこの値段で、ここまでこだわりの強いビールを出すところも、珍しいと思います。

このシリーズには、上に書いたように他にも種類があるようなので、また見かけたら買ってみたいと思います。

今回は以上です。

J-CRAFT HOPPINGジューシーIPA 24本セット(送料無料)

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.