飲んだビール

【ホフブロイ】オリジナルラガー|日本のピルスナーと比べると格段に麦芽の甘みが感じられるドイツのラガービール「ヘレス」

更新日:



今回は、ホフブロイハウスの「オリジナルラガー」を紹介したいと思います。

ホフブロイ

ホフブロイは、ドイツにある醸造所です。

1589年に、バイエルン国王のためのビール醸造する醸造所として設立されました。

僕も以前ドイツに行った時にはホフブロイハウスに行きました。南ドイツ(ミュンヘン)の地球の歩き方の中でビアレストランの紹介ページがありますが、一番最初にこのホフブロイハウスの紹介が出てきます。日本人にもとても人気の醸造所だそうです。

オクトーバーフェストでもおなじみ

このHBのロゴは見覚えのある方もいるのではないかと思います。日本全国で行われている「オクトーバーフェスト」では、ホフブロイハウスは大抵登場します。ホフブロイハウスは、ミュンヘン6大醸造所の一つで、政府から正式にオクトーバーフェストビール「メルツェン」の醸造を許可されている醸造所です。

ちなみに僕が一番好きなミュンヘン6大醸造所は、ハッカー・プショールです。

□参考:

ツムビアホフ新宿

さて今回ホフブロイを飲んだのは、こちらのお店です。

新宿の東口、まさに新宿のど真ん中にあるお店ですが、店内はまるでオクトーバーフェストのようです。

ここではホフブロイハウスのビールを飲むことができます。今回は、このお店で飲んだ「オリジナルラガー」を紹介したいと思います。

ホフブロイ「オリジナルラガー」

ここからは「オリジナルラガー」を紹介していこうと思います。

ジョッキで出てきました。まさにドイツのラガーという感じです。

このビールの紹介が公式サイトにありました。

繊細で上質なモルトと良質ホップは、飲むほどに可憐な花の香りを長く余韻として残す。華やかな香りとひかえめな苦味は 軽やかで素晴らしくバランスの良いラガー。
引用:http://www.eyema-ent.co.jp/menu/index.html

やはりドイツといえばラガーですね。ビールの説明で「可憐な花の香り」という表現はあまり聞きませんがいい響きです。

さて飲んでみた感想ですが、印象としてはとても柔らかい麦の甘味を感じるビールだと思いました。

甘みは感じますが、後味はクリアです。また苦味が少なく、とても飲みやすいです。

僕はオクトーバーフェストビール「メルツェン」がとても好きですが、メルツェンも甘みが強いビールです。今回飲んだオリジナルビールもメルツェンと同じく麦由来の甘味が楽しめますが、こちらの方がクリアでスッキリとしています。ただそれは比較的という意味で、日本のピルスナーと比べると格段に甘味が強く、まさしくドイツの下面発酵であることがわかります

ドイツに行くと、こういった甘みのあるとても飲みやすいラガーが飲めます。これはスタイルでいうと「ヘレス」というスタイルにあたります。

チェコ・ピルゼンで生まれた「ピルスナー」に対抗してミュンヘンで開発されたビールだそうです。甘みがありつつ喉ごしの良い、クリアなビールです。

とても美味しかったです。今回は以上です。

created by Rinker
ホフブロイ
¥3,300 (2020/09/29 08:49:41時点 Amazon調べ-詳細)

店舗情報

営業時間:
月~金 17:00~29:00
土   15:00~29:00
日・祝 15:00~23:30

アクセス:
新宿駅東口から徒歩4分

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.