飲んだビール

【数量限定発売】銀河高原ビールの「デュンケルヴァイツェン」は、日曜日の寝起きに飲むココアのような優しいビール

更新日:



こんにちは。今回は、銀河高原ビールの「デュンケルヴァイツェン」を紹介したいと思います。

先日、川崎にあるブルーパブ・ムーンライトでデュンケルヴァイツェンを飲んで、あまりの美味しさに触発され、そういえば、最近スーパーで「デュンケルヴァイツェン」が売られていたな、と思い出し、ソッコーで購入してきました。

銀河高原ビールの「デュンケルヴァイツェン」は特徴はまた違いましたが、これはまたとても美味しいビールでした。

銀河高原ビール

銀河高原ビールは以前このブログでも紹介したことがあります。

飲んだ「銀河高原ビール」の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/gingakogenbeer

1996年に岩手県で事業をスタートさせたブルワリーです。クラフトビール界では老舗ブルワリーということになります。

デュンケルヴァイツェン

銀河高原ビールではおなじみの二匹のトナカイがデザインされています。ちょっと早いクリスマス気分です。

「小麦のビール」もそうでしたが、今回のデュンケルヴァイツェンも"無ろ過"のようです。

材料は大麦、小麦、ホップのみです。いつも思いますが、材料が同じなのにこれほど色合いや香り、味の違うビールができるのがとても不思議です。シンプルな材料なのに、造り方が違うといろんなバリエーションが生まれるところにビールのロマンを感じます。

色合いはこんな感じでとてもダークです。パッケージの説明には栗色と書いてありましたが、確かに酵母が入っているせいか、やや白濁した色合いになっています。優しめなダーク色といったところでしょうか。

注いでいて思いましたが、このビールは泡立ちがめちゃくちゃいいです。

シュワー!と音を立てて泡が出来上がりました。今まで飲んだビールの中で3本指に入るくらいに泡立ちがいいです。

飲んだ感想としては、まず最初にうまー!と思いました。苦味は一切ありません。

全体的に淡い味です。とにかく優しい。

ヴァイツェンだからといって、小麦やバナナが強く主張してくるわけではなく、かといって、ロースト麦芽の香ばしさが主張してくるわけでもありません

全てが優しくマッチしたバランス感が絶妙です。

日曜日の朝、寝起きに飲むココアのような優しさです。そして度数は5%ありますが、アルコールを感じさせません。普段ビールを飲まない人でも飲める味だと思います

とても美味しいビールでした。数量限定発売とのことですので、皆さんもぜひ飲んでみてください

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.